ツールドラグビートップへ

 

【釜石SWにジャパン戦士!】

2日、釜石シーウェイブスから新年度のメンバーとスタッフが発表になりました。

 

新規加入選手は8名。

PR 鄭 貴弘 27 185 110 大阪朝鮮−京産大−近鉄

FL 木村優太 22 182 90 宮城水産−山梨学院大

LO/FL ヘイデン・ホップグッド 33 190 105 トヨタ自動車 ※日本代表

SH 原田航路 27 168 74 大分舞鶴−ウォーリーズ(NZ)−東芝大分−福岡サニックス

SO/FB サム・ノートンナイト 30 187 87  三洋電機/パナソニック−クボタ ※オーストラリア代表C2

CTB 菅原祐輝 18 169 73 仙台育英

CTB/WTB 藤原健太 22 179 91 東洋大牛久−日体大 ※セブンズ日本代表

CTB/WTB 小野航大 22 167 82 磐城−東海大

 

新規加入スタッフ

アシスタントコーチ ディーン・ラットン 40

S&Cコーチ 芝 純平 23

 

何といっても目を引くのはFWのホップグッド選手です。

エディジャパンに今春新たに加えられた一人です。
昨季まで5シーズンはトヨタ自動車でプレー。190センチ105劼隆莊鬚並里如骨惜しみなくプレー。


(東芝戦でリーチ選手の前進を阻むホップグッド選手。今度はJAPANのポジションを争う?)

エディさんは今春のジャパン発表に際して、

「バックローとして、とてもいいゲームセンスを持っていることを評価して、今回スコッドに加えた」と話していました。

 

かつてV7時代には日本代表がたくさんいた釜石ですが(たくさんいたので、「日本代表の合宿を釜石でやったこともありました。僕が大学4年のときやったかなあ、上野から特急列車で行った記憶があります」と、先日のトークショーで平尾誠二さんが明かしてくれました!)

シーウェイブスになってからは、桜庭吉彦さんや吉田尚史さん、今も現役の伊藤剛臣さんなど、日本代表経験者はいましたが、現役で日本代表に参加する選手が在籍するのは初めてのことです!

 

また、ノートンナイト選手は、三洋電機に加入1年目の2010年度にトップリーグ優勝を経験しています。


(昨季はクボタのFB、CTBで活躍したユーティリティBKです!)

2人だけではありません。SH原田選手は、サニックスがトップリーグ8位に躍進した2010年度に全試合で背番号9を着た攻撃的なSHです。

例年以上に、経験値の高い選手が多く加入するな、という印象です。
 

復興が思うように進まず、人口流出に悩んでいる東北、沿岸部の小さな町に、こうして新しい人がやってくることは、それだけでも被災地にはポジティブなことだと思います。

東北に元気を。被災地から雄叫びを。

今季から、地元出身(大槌町生まれ・釜石工卒)の三浦健博HCが就任し、

頼もしい新戦力を迎えたシーウェイブスに、注目したいです!

 

 

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others