ツールドラグビートップへ

神戸フェス大盛況

【神戸フェス大盛況!】

18日は神戸へ。神戸製鋼のラグビーフェスに行ってきました。

台風9号の接近で、時折激しい風雨が吹き付けましたが、イベントは概ね実施できました。

大畑さんリードによる現役日本代表選手のトークでは、先日のフィジー戦、終了直前の今村雄太選手のトライの際、あのトライで優勝が決まることは誰も知らなかったことが判明!

まあ、そんな細々したことを考えないことはラグビーらしいな、とホッとした気も。

 

その後のメインイベント、松尾雄治さんと平尾誠二さんのトークイベント、もう爆笑の連続でした。

どれが一番面白かったかな。

1983年の伝説のウェールズ戦についてキャプテンだった松尾さんの暴露、

「オレがメンバー決めたんだけど、決めて試合前日の練習をやったらラインアウトのスローイング出来るヤツがいなくてさ。Fにムリヤリやらせたけど、遠くへ投げられないから全部ショートラインアウトになったんだよ」

面白すぎます。

 

(トークの合間に携帯番号を教え合う2人。無敵です!)

トークの中では、松尾さんが2019年ワールドカップの釜石招致を提案。

「1試合でもいいから、釜石でやれたらいい。この津波の被害を受けた場所に、世界からお客さんが来てくれて、一体感を持ってくれたらいいですよね。ラグビーが夢を作れると思う」

 

平尾さんも「釜石で試合をやるんだったら絶対見に行きたいですよ」

自身も大学生の時、釜石で日本代表合宿があり、釜石へ行ったことがあるそうです。

 

「今の中学生や高校生も、2019年は十分、日本代表にいけますよ」

と、松尾さんも平尾さんも口を揃えていました!


 

      釜石と気仙沼の物産販売、おかげさまで完売いたしました。次の機会にも、皆様東北の物産をよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    タイトルとおり、今年もコベルコラグビーフェスティバルには、行っていないのですが、福岡のKさんから、レポが届いたので記事にしてしまうという、図々しいことを、ココロミてみました(笑)。このブログは、ココロミなのだよ。わっはっは。今年は、雨で一部スケジュール
    • ココロミ
    • 2011/07/20 11:00 PM

    プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others