ツールドラグビートップへ

【パナソニック新監督にロビー・ディーンズさん】

22日、昨季のトップリーグ&日本選手権の2冠王者、パナソニックワイルドナイツから、新年度のチーム体制が発表されました。

 

中嶋則文監督は退任し、かわって新監督に就任するのは、前オーストラリア代表監督のロビー・ディーンズさんです。

 

ロビーさんは、NZのクライストチャーチ出身の54歳。カンタベリー代表FBとして旧NPCやランフリーシールドなど146試合に出場、オールブラックスとして5キャップを得ました。

1997年からNPCカンタベリー州代表監督に就任し、1997NPCに優勝。

2000年からスーパーラグビーのクルセーダーズ監督を務め、2008年までの9シーズンで5回の優勝を飾る最強軍団を作り上げました。

2007年ワールドカップでオールブラックスが準々決勝で敗れたときは後任監督候補に名が上がりましたが、NZ協会はグラハム・ヘンリー監督の続投を決定。これを受けて2008年からオーストラリア代表ワラビーズの監督に転じ、2011年ワールドカップではベスト4となりました。

 

その間、三洋電機時代からパナソニック時代まで、一貫してチームをサポート。

年に2−3回来日してはスポットコーチを務め、決めうちのムーブではない、状況に応じた判断力で勝ちきる黄金時代樹立に大きくサポートしました。

 

ロビー・ディーンズ新監督のコメントです。

パナソニックラグビー部とは十年近くにおよび交流を持ってきましたが、今回このような形で関係を継続することができて非常に嬉しく思っています。パナソニックの選手、スタッフ、関係者と共に強いチームをつくり上げることを今まで楽しんできましたし、パナソニックの試合を観ることも楽しみの一つでした。

今シーズン、この良い環境の中で、より良いチームを作ることを楽しみにしております。昨シーズンは素晴らしいシーズンでしたが、更に前に進みたいと思っています。

昨季、スキル&BKコーチとして中嶋監督を支えたフィリップ・ムーニーはパフォーマンスマネージャーとして、ストレングス&フィットネスアドバイザーのアシュリー・ジョーンズ、水間良武FWコーチ、堺田純アシスタントコーチとともに、引き続きチームをサポート。

さらに、黄金時代を支えたPR相馬朋和さんとFB田邉淳さん昨季限りで現役を引退。それぞれスクラムコーチ、BKコーチとして、ロビー・ワイルドナイツを支えることになります。


(田邉さん相馬さん、長い現役生活お疲れ様でした!)

(このプレースキックを見られなくなるのは寂しいけど…次のキッカー&タックラーを育ててください!)
 

個人的には、RWC2003で日本代表の通訳を務め、その後は九州電力の通訳・普及担当などで尽力してきた村上泰将さんがスタッフ入りしたことも嬉しいニュースです!

田中選手、堀江選手をスーパーラグビーに送り出しながら、さらにチーム力を高めて2冠を達成したパナソニック、今季はどんな進化を見せてくれるでしょうか?

 

また、相馬さん、田邉さんのほかに引退するのはFLバツベイシオネ選手、SH小西大樹選手、SOマイケル・ホッブス選手。

退任する中嶋監督ともども、次のステージでの活躍を祈ります!


お疲れ様でした! 

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others