ツールドラグビートップへ

【東芝、薫田元監督が総監督で復帰!】
29日、トップリーグの東芝ブレイブルーパスが、2015年度の新体制を発表しました。
元監督の薫田真広さんが総監督として復帰。
昨季は「ヘッドコーチ」という肩書きだった冨岡鉄平さんは「監督」となります。
アシスタントコーチには、南アフリカのピューマズのコーチ、ジェームズ・ストーンハウス氏がつきました。2000-2001年にはU19ロシア代表のコーチも務め、バーバリアンズ来征時に対戦したロイヤルxv、イングランドと対戦した南アフリカ・バーバリアンズなど、多様なコンバインドチームでコーチ(監督)を務めています。
2000年代に国内最強を誇った東芝を作った薫田−冨岡体制が、それぞれ肩書きを変えての復活となりました。東芝の復活なるか? に注目です。


なお主将は昨季に続き森田佳寿選手。副将は昨季から大島脩平選手が留任するほか、梶川喬介選手が新たに就任します。
 
【畠山選手がNEWS ZERO に登場!】
メディア情報です。
ラグビー日本代表のプロップ畠山健介選手が、5月1日(金) 23:30-24:30に放送される日本テレビ「NEWS ZERO」
http://www.ntv.co.jp/zero/
で紹介される予定です。


畠山選手は、宮城県気仙沼市出身(当ブログでは常々書いておりますが、僕の出身校である松岩小学校、松岩中学校の後輩なんです!)で、東日本大震災の津波で生家が流失してしまいました。4年前の震災は、NZのワールドカップまで6ヶ月という時期に起きました。畠山選手は、大変な心労を抱えたまま、ワールドカップに向けた準備を重ねていきました。
それからの4年間、畠山選手は日本代表でも、サントリーでも、1試合も休むことなくすべての試合に出続けながら、キャリアを重ねてきました。
畠山選手が、番組の中でどんなふうに紹介されるのか、楽しみです!
 
【サニックスワールドユース開幕!】
九州・福岡のグローバルアリーナでは、サニックス・ワールドユースが開幕しました。
29日は、女子セブンズがプール戦を行いました。
まずプールA
1 石見智翠館 3勝0敗
2 香港スポーツスクール(香港) 2勝1敗
3 ブリスベンステート ハイスクール(オーストラリア)1勝2敗
4 神戸甲北高校 0勝3敗
石見智翠館は3試合すべて5トライ以上をあげての完勝!強いです!
神戸甲北は3戦全敗だったけれど、ブリスベンステートには5−10の惜敗でした。2日目に期待!
 
そしてプールBです。
1 福岡レディース 3勝0敗
2 ハミルトンガールズ ハイスクール(NZ)2勝1敗
3 神奈川県チーム 1勝2敗
4 ロバートベイトマン セカンダリースクール(カナダ)0勝3敗
福岡レディース、強い!
ラグビー王国、NZのハミルトンガールズ戦は22−21の1点差で競り勝ちました!
神奈川県チームは1勝止まりでしたが、勝ったカナダのロバートネイトマン戦は、3チームで最多得点を奪っての完勝でした(それも互いに初戦だった!)
 
30日に行われる決勝トーナメントの組み合わせは以下のURLへ
http://sanix-sports.info/rugby/diary.cgi?mode=image&upfile=357-1.gif
昨年は、関東選抜が優勝しました!
今年は石見智翠館or福岡レディースが日本勢の連覇を達成してくれるでしょうか?
 
そして男子、こちらは15人制です。
プールA
ポールルース ジムナジウム(南アフリカ)45−13東福岡
エニセイ−STM(ロシア)29-21流経大柏
プールB
トルロ・カレッジ(イングランド)42-5尾道
常翔学園 40-0 ジェングオ ハイスクール(中華台北)
プールC
スコッツカレッジ(NZ)28-15京都成章
佐賀工 47-0 アールマリオット セカンダリースクール(カナダ)
プールD
ブリスベンボーイズ 27-10 御所実
長崎北陽台 17-12 ベクシン ハイスクール(韓国)
 
各組2位までが決勝トーナメント(1〜8位決定戦)に進みます。
きょう惜しくも敗れたチームも、まだまだ可能性アリです!
 
【NZ留学相談会!】
当ブログではおなじみ、NZクライストチャーチ(CHCH)在住のラジオDJ、Naokoさんが、このほど日本に一時帰国。5月より、ニュージーランド留学についての個別相談会を開催するとのことです!


(昨年5月の釜石ナイトにNaokoさんご来場時の写真です。前列右から3人目、ロングヘアの女性です!)

小学校への親子留学、中学・高校への単身留学、大人の語学留学、ワーキングホリデー……個別相談会なので、それぞれの希望にあったアドバイスが聞けると思います!
5月13日から18日まで、広島、岡山、名古屋、大阪を転戦、その後6月6-7日には仙台でも開催予定。
東京都内は、ご希望に応じて随時設定していただけるそうです。
詳しい内容、応募方法などは、こちらのURLから
http://www.qualnz.com/japan.html
Naokoさんのブログ、クライストチャーチ最高!はこちら
http://jdunz.com/newzealand/rg/ryugakusoudan.html

 
JUGEMテーマ:ラグビー
日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others