ツールドラグビートップへ

【サンウルブズ、遠征へ】

ブログ更新が滞ってしまいました。

27日、28日は辰巳でサンウルブズの練習を取材。

そのサンウルブズは1日未明、シンガポールへ旅立ちました。

第2節が4日、シンガポールでのキングズ戦。

そこから南アへ移動し、11日にブルームフォンティンでチーターズ戦、17日にプレトリアでブルズ戦を戦い、再びシンガポールへ移動して25日にストーマーズ戦を戦い、帰国は26日。まるまる1ヵ月のツアーですね。

 

ツアー参加メンバーは以下の通りです。

PR 三上正貴

PR 山本幸輝

HO 堀江翔太

HO 日野剛志

HO 庭井祐輔

PR 浅原拓真

PR 伊藤平一郎

PR 山路泰生

LO サム・ワイクス

LO リアキ・モリ

LO 谷田部洸太郎

FL エドワード・カーク

FL 金 正奎

FL ヘル ウヴェ

FL ヴィリー・ブリッツ

No8 徳永祥尭

No8 松橋周平

SH 田中史朗

SH 内田啓介

SH 茂野海人

SO ヘイデン・クリップス

SO 小倉順平

CTB ウィリアム・トゥポウ

CTB ティモシー・ラファエレ

CTB デレック・カーペンター

WTB 福岡堅樹

WTB 中鶴隆彰

WTB 江見翔太

FB ジェイミージェリー・タウランギ

 

ハリケーンズ戦を欠場した田中選手、復帰です!

(27日の練習では、厳しいゲキを飛ばしていました!)

 

FBタウランギ選手は追加招集です。

ハリケーンズ戦に出場したFLイラウア選手、SO田村熙選手、FBフィルヨーン選手は負傷でツアーメンバーを外れたということです。

 

ハリケーンズ戦は途中出場のWTB江見選手はFBでの起用が濃厚、欠場したクリップス選手もSOに入る可能性が高そうです!

 

練習の合間、長谷川スクラムコーチとジェイミージョセフTEAMジャパン総監督が、真剣な表情でスクラム談義。

 

1ヵ月の遠征はタフな日程ですが、実り多い結果を期待したいです!

 

【強化副委員長に永友さん】

1日、日本協会から、全キヤノン監督の永友洋司さんが、「TeamJapan2019」男子15人制日本代表の強化副委員長就任の発表がありました。

 

永友さんのコメントです。

 「この度、『Team Japan2019』男子15人制日本代表の強化副委員長に就任することになり、大変光栄に思うと同時に、その責任の重さを感じております。

代表チームが目指す方向である“ONE TEAM”に進めるように、PLAYERS FIRSTを私のモットーに掲げ、全てはラグビーワールドカップ2019の目標達成の為に、トップリーグでの監督経験も活かし、今後の強化に繋げていきたいと思います。また、代表チームを目指す選手には、桜のジャージーのプライドであるその誇りや重さを感じてもらう為に、代表選手としてふさわしい立ち振る舞い、言動それぞれに高いレベルが必要です。それも我々指導者の責任であると認識しております。応援してくださる皆さまの温かいご声援をよろしくお願い申し上げます」

 

永友さんは今季限りでキヤノン監督を退任しましたが、キヤノンというチームをほぼゼロから鍛え上げ、8シーズンでトップリーグ8強常連まで引き上げました。伝統がものをいうラグビー界で、新興チーム・キヤノンのこの上昇力は素晴らしいものです。

永友さんの手腕に期待します!

 

【近鉄・高選手ら退団】

トップリーグの近鉄ライナーズが、2016年度の退部選手を発表しました。

PR 田邉篤

LO 天満太進

LO 河嶋康太

FL 大隈隆明

No8 ラトゥイラ レプハ

No8 ジーン・クック

SH 福地達彦

CTB クリス・フェアウェイ サウティア

WTB 隅中太亮

WTB 松井郛

WTB アンドレ・テイラー

FB 高忠伸

明大−日本IBMでも活躍した天満選手は、旧姓伊藤太進選手の名前で知られました。FBの高忠伸選手も帝京大−日本IBMからの移籍で、正確なゴールキックとゲームリードで活躍しました。ともに36歳。数々の場面を思い出します。セブンズで活躍したレプハ選手、法大時代から猛タックラーでならした大隈選手。アンドレ・テイラー選手は、ついこの間、トップリーグオールスターでの活躍が印象的です。

 

ラグビー選手もプロ選手が増えてきて、あるチームを退部しても、それがイコール引退とは限りません。移籍して現役を続ける選手もいることでしょう。

また、プレーする姿に出会えることもあるだろうな。

 

まずは、お疲れ様でした!

※アンソニー・ファインガ選手はスーパーラグビー「ブランビーズ」でプレーした後で近鉄ライナーズに合流する予定だそうです。

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others