ツールドラグビートップへ

【東北CHCHイベント定員になりました!】

サンウルブズのキングズ戦が行われたシンガポールから翌5日に帰国してからバタバタしてブログを更新できずにおりました。

6日は、名古屋の中日新聞社で行われた、東京中日スポーツ&中日スポーツのスポーツ功労賞に、帝京大ラグビー部の岩出雅之監督が選ばれたことで、僕も名古屋へ。

写真

(表彰式での岩出監督です=中日WEBより)

 

そこから、ジェイミー・ジョセフ日本代表HCの指揮のもと辰巳で始動した「ナショナルデベロップメントスコッド」合宿へ。

つくづく、日本のラグビー界は休みなく動いているなと感じます。

松島選手vs尾崎選手!緊迫感のある練習が続きました!

 

ということで、いろいろお知らせが滞ってしまったのですが、3月18日(土)に東京駅前丸ビル8F丸ビルホール&コンファレンススクエアで開催する

東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベント2017

(主催:NPO法人スクラム釜石、WEBマガジンラグビージャパン365、後援:釜石市)、おかげさまをもちまして、定員に達しまして、申し込みを締め切らせていただきました。たくさんのご応募をいただきありがとうございました!

今年のトークゲストは大畑大介さん&アンガスさんです!

 

 楽しく有意義なイベントにするべくスタッフ一同準備しておりますので、よろしくお願いいたします!

また、ご協賛・ご協力各社・団体・個人のみなさまから、当日のプレゼント用・チャリティーオークション用にもいろいろな品々が届いております。追ってご紹介いたしますね。

 

【池袋西武にてがんばれ釜石ラグビーフェア今年も開催!】

釜石でのラグビーワールドカップ開催が決定した2015年3月から毎年行われている、

「東北復興はラグビーと共にあり!釜石ラグビー応援フェア」

が今年も西武池袋本店8Fスポーツアスレチックフロアにて、本日3月8日(水)から開催されます!

3月8日(水)から21日(火)まで、多くのラグビーグッズ、ならびに、釜石シーウェイブスレプリカジャージ、また今回新規に制作した釜石ラグビー応援はまゆりTシャツ(コットン100%)をご用意いたします。

今回は、ワールドカップ会場となる鵜住居復興スタジアムの模型も展示されます!(週末までの予定)

※Tシャツ販売は11日(土)からです)。
会場では釜石ラグビーの紹介展示も。

3月12日(日)には『釜石ラグビー応援トークベント』を開催します。スクラム釜石代表の石山次郎が、釜石シーウェイブスGMの桜庭吉彦氏をお迎えし、釜石ラグビーそして2019年ラグビーワールドカップへの想いを語っていただきます。さらにビッグなゲストもご来場? 近日中にお知らせできると思います!

(昨年の様子です)

詳しくはスクラム釜石HP

http://scrumkamaishi.jp/report/goods/7495

にてどうぞ!

 

【トンガ・ババウ島の子供たちに未来を!】

もうひとつお知らせです。

トンガ出身で、釜石シーウェイブスで5シーズンプレーしたルイ・ラタ選手のパートナーだった、家族でトンガに移住したタカコ・ルイさんが、トンガの小学校で学ぶ子どもたちのために募金活動を立ち上げました。

Vava’u Future Creating Project / ババウ島 未来を作ろうプロジェクト

レインタンク設置、トイレ、洗面台の新規設置及び修繕、校内破損箇所(床、窓、屋根など)の修繕など。目標額は¥968000(100万としないところが誠実ですね!)

画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、テキスト

振込口座はこちらです

ゆうちょ銀行 店番098 普通預金

口座番号 1166633

VFCP ブイエフシーピー

フェイスブックページはこちら↓↓↓↓です。

https://www.facebook.com/VFCP2017/

 

ババウ島は、トンガ第2の島だったと思います。ロペティ・オトさんにそう聞いた記憶があります。たくさんのラグビーヒーローを生んでいる島です。そしてトンガは教育熱心なお国柄で、日本に留学しているラグビー選手もアタマのいい選手がたくさんいます。

 

また、ルイさんたちは東日本大震災の際、避難所となった釜石シーウェイブスのクラブハウスで、トンガ仕込みの大家族用大鍋料理(電気もガスもなくても作れる!)を作ってみんなに振る舞い、暗くなりがちな避難生活を明るくさせた、避難生活の功労者でした。それぞれのステージで、新たなチャレンジに頑張っていますね。

 

トンガの子どもたちの未来へ、ご協力をよろしくお願いします!

 

JUGEMテーマ:ラグビー

 

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others