ツールドラグビートップへ

【3/12池袋西武に大野さん!】

スクラム釜石からのお知らせです。

本日より池袋西武8階スポーツアスレチックフロアにて始まりました、

「釜石ラグビー応援フェア」

ラグビーグッズ、釜石シーウェイブス応援グッズ、スクラム釜石グッズなど取りそろえて開催しております。

期間中の3月12日に行われます

「釜石ラグビー応援トークイベント」

元ラグビー日本代表で現釜石シーウェイブスディビジョンマネージャー及びラグビーW杯2019のアンバサダーである桜庭吉彦氏。ホストとしてお迎えするスクラム釜石代表の石山次郎とともに、もうひとりご参加いただく特別ゲストが決まりました!

2015年ラグビーワールドカップ出場、ヒトコミュニケーションサンウルブズ/東芝ブレイブルーパス所属の大野均選手(福島県出身)がスペシャルゲストとして参加決定です!

震災復興はラグビーと共にあり!
東北全体でラグビーワールドカップをお迎えしよう!
様々な話をお聞きいただけると思います。

大友は進行役を務めさせていただきます。
入場無料(入場整理券は当日午前10
時から8Fスポーツアスレチックスフロアの特設会場にて着席整理券をお配りします)。

みなさん、どうぞ、ぜひご来場下さい!

◆◇◆◇◆◇◆◇◆
「釜石ラグビー応援トークイベント」  
日時 : 3
月12日(日)12:00〜
会場 : 西武池袋本店 8Fスポーツアスレチックスフロア 特設会場
 ゲスト 桜庭吉彦 (釜石シーウェイブスGM)
     大野均  (東芝ブレイブルーパス、日本代表、ヒトコミュニケーションサンウルブズ所属)
 ホスト 石山次郎 (スクラム釜石代表)
 進行  大友信彦 (スポーツライター、スクラム釜石理事)
トークイベント終了後記念撮影会を開催いたします。
当日開店10時より8Fスポーツアスレチックスフロアの特設会場にて着席整理券をお配りします。
ご着席いただけない場合も御座いますのでご了承ください。
当日ゲストの都合により来場いただけない場合も御座いますのでご了承ください。

 

【サンウルブズ、チーターズ戦メンバー】

サンウルブズの今季スーパーラグビー第2戦、チーターズ戦(11日・ブルームフォンティン)の登録メンバーが発表されました。

1 山本幸輝

2 庭井祐輔

3 山路泰生

4 リアキ・モリ

5 ヘル ウヴェ

6 エドワード・カーク(C)

7 松橋周平

8 ヴィリー・ブリッツ

9 内田啓介

10 ヘイデン・クリップス

11 福岡堅樹

12 デレック・カーペンター

13 ウィリアム・トゥポウ

14 中鶴隆彰

15 江見翔太

(リザーブ)

16 坂手淳史

17 三上正貴

18 浅原拓真

19 サム・ワイクス

20 金 正奎

21 茂野海人

22 小倉順平

23 ジェイミー・ジェリー・タウランギ

 

サンウルブズデビューが先発でHO庭井選手&PR山路選手&LOウヴェ選手の3人。リザーブの坂手選手、小倉選手も出場すればスーパーラグビーデビューです。

 

ジャパンエスアールから発表されたティアティアHCのコメントです。

「チームは今週、コンディションの調整に力を入れており、また今回加わった 5 名の新メンバーは、チームに活力を与えると思います。我々は選手のマネージメントに対して揺るがない哲学を持っています。彼らが常に世界最高レベルのラグビーを経験し続ける事が、日本のラグビー界にとって重要であると考えています。サンウルブズと日本代表に選ばれた選手たちにとって、その環境に身を置き続けることができるのは、素晴らしいことであり、とても誇らしいことであると思います。

南アフリカは遠征先としてだけでは無く、ラグビーを楽しむためにも最適な場所です。チーターズは常に上位を狙えるだけの力を備えた素晴らしいチームであると思います。私たちはチーターズ戦に備えて十分な準備を整え、真のサンウルブズのアタッキングスピリットを土曜日の試合で披露したいと思います。」

 

そして、初先発メンバーたちのコメントです。

庭井 祐輔(HO)

「サンウルブズのメンバーに選んで頂いたことを大変光栄に思います。自分自身にとっても大きな経験となりますし、チャレンジになる試合になると思います。南アフリカ勢のチーターズとの対戦となりますが、自分の得意なポイントであるコンタクトエリアで、少しでもチームに貢献できたらと思います。チームのため に働きたいと思います」

山路 泰生(PR)

「スーパーラグビー初キャップで先発メンバーとしてサンウルブズの3番を背負えることに感謝しています。メンバー発表を聞いたときはとても興奮しました。チームに求められていることをしっかりやり、プライドをもって思いきりプレーしたいと思います」

松橋 周平(FL)

「チームの勝利のために自分の役割を 100%出し切って、その中で自分の強みをしっかり出していければと思います。コーチ陣が僕を試してくれるチャンスを与えてくれたことに、感謝しています」

坂手 淳史(HO)

「自分の持ち味である力強いプレーをしっかりやっていきたいと思います。タックル、ラン、そしてボールキャリーと、どんどんプレーに参加していきたいと思います。応援よろしくお願いします」

 

試合は日本時間12日(日)午前0時15分のキックオフです。中継はJスポーツにて!

1995年には日本代表がワールドカップでオールブラックスに145点を奪われ、昨年はサンウルブズがスーパーラグビー参入1年目の最多失点となる92点を奪われた因縁の地・ブルームフォンティンで、サンウルブズが敵地初勝利を目指して戦います!

 

 

【RJ365に「サンウルブズの明日」掲載!】

ラグビー専門WEBマガジンRUGBYJAPAN365プレミアムページにて

「サンウルブズの明日 〜立ちはだかるタフな経験、そこに新たなリーダー出現への期待」

UPしました!

サンウルブズの明日―立ちはだかるタフな経験、そこに新たなリーダー出現への期待

厳しい戦いが予想されるサンウルブズの南ア・シリーズですが、この経験はきっと、次代のリーダーを生み出す、日本ラグビーにとって重要なシリーズになりそうな予感がします。

RJ365会員専用ページの掲載ですが、よろしければ、お読みください!

http://rugbyjapan365.jp/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%BA%E3%81%AE%E6%98%8E%E6%97%A5%E2%80%95%E7%AB%8B%E3%81%A1%E3%81%AF%E3%81%A0%E3%81%8B%E3%82%8B%E3%82%BF%E3%83%95%E3%81%AA%E7%B5%8C%E9%A8%93%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%93%E3%81%AB%E6%96%B0%E3%81%9F%E3%81%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC%E5%87%BA%E7%8F%BE%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%9C%9F%E5%BE%85

 

 

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others