ツールドラグビートップへ

【サンウルブズメンバー】

サンウルブズのNZ遠征第2戦、ハイランダーズ戦(4月22日(土))の登録メンバーが発表されました。

1 稲垣啓太

2 庭井祐輔

3 山路泰生

4 サム・ワイクス

5 ヘル ウヴェ

6 エドワード・カーク(C)

7 三村勇飛丸

8 ヴィリー・ブリッツ

9 田中史朗

10 田村 優

11 笹倉康誉

12 ティモシー・ラファエレ

13 ウィリアム・トゥポウ

14 中鶴隆彰

15 松島幸太朗

《リザーブ》

16 木津武士

17 山本幸輝

18 伊藤平一郎

19 真壁伸弥

20 ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ

21 矢富勇毅

22 ヘイデン・クリップス

23 ジェイミー・ジェリー・タウランギ

 

ジャパンエスアールから発表されたHC、キャプテン、選手のコメントです。

 

フィロ・ティアティアHC

「コンディションの影響で、セレクションに入れなかった選手も何人かいますが、今回新しいスターティングメンバーを選ぶことができ、嬉しく思います。ヴィリー・ブリッツは日曜日にチームに再合流しました。彼が帰ってきたことを本当に嬉しく思いますし、彼もハイランダーズ戦でプレーできることを楽しみにしています。ウィリアム・トゥポウは、南アフリカでのチーターズ戦から先発メンバーとしてプレーしていませんが、今回、先発メンバーとしてプレーするチャンスがきました。デレック・カーペンターも素晴らしいプレーを見せてくれましたが、今回はトゥポウにチャンスを与えたいと思います。

 ハイランダーズでは、サンウルブズの前ヘッドコーチのマーク・ハメットがアシスタントコーチを務め、日本代表のアシスタントコーチでもあるトニー・ブラウンが、ヘッドコーチを務めています。そして、田中史朗は昨年までハイランダーズの選手としてプレーしていました。サンウルブズとは非常に縁の深いチームとの対戦となりますが、彼らがしっかり準備をしてプランを立てて挑んでくることは分かっています。我々はクルセイダーズ戦でのパフォーマンスから向上させて、今回の挑戦に挑みたいと思います。本当にこのチャレンジを楽しみにしています」

 

エドワード・カーク キャプテン

「クルセイダーズ戦ではとても残念な負け方でした。ただ、我々はシーズンを通して常に学んでいくことしかないと思います。選手の多くは、今週末、我々の前ヘッドコーチだったマーク・ハメットのいるハイランダーズと対戦することを楽しみにしています。彼らは、サンウルブズと同じようなゲームをしかけてくると思います。その中で我々にとって強みになるのは、どれだけスピードをもってプレーできるかという所だと思います。金曜日に我々はインバーカーギルに移動しますが、ここを初めて訪れる選手も多くいます。チームはこの週末を心待ちにしています」

 

稲垣 啓太

 「ニュージーランド遠征1試合目となったクルセイダーズ戦では、結果以上に自分達のやろうとしたこと、アタッキングプランを出すことすらできなかったことが残念でした。今週はその反省をもとにハイランダーズ戦へ準備をしているところです。毎回コーチ陣がいいプランを用意してくれているので、用意されたプランを、個人の役割をもって忠実に遂行することで、チャンスも生まれてくると思います」

 

 田中 史朗

「(ハイランダーズとの対戦について)すごく懐かしい思いもありますし、自分がどれだけ成長したかも知れるチャンスなので、すごく楽しみにしています。また、日本のスーパーラグビーチームがハイランダーズに挑戦できることを、すごく嬉しく思います。セットプレーは日本も進化してきて、ひとつの強みになると思います。また、バックスもいい戦術があるので、それをしっかり使いながらコミュニケーションをとっていきたいと思います」

 

もう、誰が見ても見所の多い試合、楽しみな試合ですよね。

僕が言うまでもありませんが、SHは田中史朗選手vsアーロン・スミス選手が背番号9をつけてトイメン対決。過去4シーズン、ハイランダーズの9番を争ったライバル同士、どんな火花を散らすのでしょう? 2人ともゲームを仕切ってリードするタイプですし、相当楽しみです!

 

そして、松島幸太朗選手とベン・スミス選手のFB対決。どちらも国代表のエースランナーでもあり、ハイボールキャッチのスペシャリスト。FB同士の空中戦という場面も、きっとあるでしょう。

サンウルブズの選手では、個人的には今季初めてメンバー入り、左WTBで先発する笹倉選手に注目します。バックスリーは、サンウルブズ、日本代表、そして所属するパナソニックでも、強烈なライバルに囲まれているポジション。1試合ごとに、というよりも、1回1回の練習セッションごとにシビアなセレクションの目が注がれている状態。サンウルブズの練習を見ていても、初めのうちは疲れているように見えましたが、NDSキャンプを重ねる内に、徐々に笹倉選手らしいアグレッシブな姿勢が見えてきました。

 

どんなプレーを見せてくれるか、楽しみです!

 

ハイランダーズvsサンウルブズは、Jスポーツ1で、日本時間14時05分から生中継です。アジア選手権の韓国vs日本から、引き続きの生中継です!

 

【サクラめぐり】

クライストチャーチから帰ってきて、連日締め切りに終われておりましたが、何とかクリア。きょうは久々で武蔵野路を走って、サクラを追って小金井公園へ。

小金井は江戸時代からサクラの名所だったといいます。僕は五日市街道を走っていくのですが、、そもそも五日市街道という道は、江戸から小金井に桜見物に行く人の往来で賑わった道だったのだそうです。

ソメイヨシノはほとんど散ってしまったけれど、まだまだ咲いてる桜があるんですね。

八重桜はもちろんですが、とりわけみごとに咲いていたのが「駿河台匂」

いろんな桜が咲き誇っていました。

ソメイヨシノの満開を外したら外したで、いいこともありました。

そして、桜を追うように新緑の季節も到来です!

ライドが楽しい季節になってきましたね!

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others