ツールドラグビートップへ

【U20取材】

トップリーグファイナルが終わり、国内シーズンが一区切りついた、と思いきや、相変わらずバタバタしております。

いろいろと締め切りは遅れて、それぞれ時間差でやってくるもので、しかも、ラグビーシーズンの間は先延ばしにしていたことがここに来ていろいろ押し寄せてくるわけで。

そして15日、16日はサンウルブズのメディカルチェック実施に伴うメディアセッション、17日はU20日本代表候補の合宿と、ビッグマッチ前とはちがう種類の現場取材も入ってくるわけです。

 

というわけで、17日はU20合宿取材で千葉・長柄へ。

5月−6月にフランスで行われるU20ワールドチャンピオンシップに向けた合宿です。

この合宿に最年少で参加しているのが、昨年11月に18歳になったばかりのCTB日下太平選手。

3歳の時鎌倉ラグビースクールでラグビーを始め、関東学院六浦中に進み、同高を1年で中退して、単身ニュージーランドへ留学。アンドリュー・マコーミックさん、ダン・カーター選手、小野晃征選手らが巣立ったクライストチャーチボーイズハイスクールで学び、カンタベリーU18にも選ばれたという経歴の持ち主です。

練習の合間にインタビューさせていただきましたが、18歳とは思えないゆったり落ち着いた物腰、自分の考えを言語化できる表現力、すばらしい若者でした。若いときに海外にチャレンジする、こういう若者がもっともっと現れてほしいな、と思わせてくれる、とてもエネルギッシュで魅力的な18歳男子でした!

 

とても楽しいインタビューでした!

インタビューの様子は、近々、東京中日スポーツ首都スポでお届けする予定です。掲載日が決まったらお知らせします。どうぞお楽しみに!

 

【RJ365に大西さんの決勝レビュー!】

というわけで、告知が遅くなりましたが、RUGBYJAPAN365からのお知らせです。

大西将太郎さんプレゼンツ

しょっさんの 大好き!海外ラグビー 第38弾

UPしました!

 

今回は特別編・トップリーグ2017−2018 ファイナルレビュー

サントリーの猛攻、パナソニックの堅守に感じたプライド

ストーリーのたくさんつまった決勝で、

両軍のCTBで国産選手が活躍したのもうれしかった

サントリーの猛攻、パナソニックの堅守に感じたプライド。ストーリーの たくさんつまった決勝。両軍のCTBの国産選手が活躍したのも嬉しかった!

お届けしております!

↓↓↓↓↓↓以下のURLからどうぞ!

https://goo.gl/epW8zR

 

【悲報…】

というわけで、相変わらずバタバタした毎日なのですが、きょうはショッキングなニュースが入ってきました。

サントリーのジョージ・スミス選手が、暴行容疑で逮捕されたというニュースです。

正直、きょうは現場取材から戻ってからもずっと原稿に追われていたので、報道された以上のことは何も分かりません。

今の段階では、信じたくないな、こういう話題が出ること自体が悲しいな、という思いしかありません。

残念です……。

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others