ツールドラグビートップへ

スクラム東北ライドGO釜石2019 東北応援 大野均選手トークショーのお知らせ

 

ラグビーを通じた東日本大震災被災地復興支援活動をしているNPO法人スクラム釜石は、日本最大の自転車小売りチェーン・ワイズロードの全面協力のもと、「スクラム東北ライドGO釜石」を7月24日(水)から開催いたします。

このイベントは、ラグビーワールドカップ2019日本大会の開催地に被災地・東北から唯一選ばれた釜石市を盛りあげようと、被災した福島県・宮城県・岩手県の沿岸沿いを自転車で走り、釜石を目指すイベントで、釜石市でのワールドカップ開催が決まった2015年から毎年続けているものです。

いよいよワールドカップイヤーとなった今回は、7月24日に福島県南相馬市から出走。宮城県名取市閖上、石巻市の旧大川小学校、旧南三陸町役場などで黙祷を捧げ、各地で地元のみなさんと交流しながらワールドカップ開催地の岩手県釜石市鵜住居(うのすまい)まで約320キロを走破します。

今年は実際のライドに先立ち、ワールドカップ開幕戦が行われ、来年の東京オリンピックでは7人制ラグビーの会場となる東京スタジアム(味の素スタジアム)のある府中市でプレイベントを実施します。

府中市にはラグビーのトップチーム、東芝ブレイブルーパスとサントリーサンゴリアスの本拠地があり、また首都圏のサイクリストの聖地・タマサイこと多摩川サイクリングロードの核心区間があり、まさに自転車&ラグビーのコラボレーションには絶好の場所です。

プレイベントのゲストは、前回ワールドカップでも活躍したラグビー日本代表のレジェンド大野均選手!

東芝在籍・府中在住の大野選手は福島県出身で、震災以来東北復興支援活動に尽力してこられました。今回は、スクラム東北ライドを第1回からメカニックサポートいただいてきたワイズロードの府中多摩川店にて、自転車とラグビーを横断した東北復興&釜石2019応援メッセージを発信したいと思います。ふるってご参加下さい!

日時:2019年7月14日(日)13時〜13時30分

イベント名・スクラム東北ライドGO釜石2019プレトークイベントin府中

ゲスト:大野均さん(東芝ブレイブルーパス)、ホスト:高橋博行(元新日鐵釜石、スクラム釜石事務局長)、進行:大友信彦(スポーツライター、スクラム釜石理事)

会場:ワイズロード府中多摩川店 東京都府中市四谷5-42-3 電話:042-352-3308

http://ysroad.co.jp/fuchu/

入場:無料 定員:30名(定員になり次第締め切り。開店時間の11時より、店内で1000円以上お買い上げいただいた方には優先入場整理券を差し上げます)

※なお東芝は前日にナイトゲームで公式戦を行いますので、大野選手のコンディション不良の場合はゲスト変更または欠席の場合があります。ご了承下さい。

主催:NPO法人 スクラム釜石

協力:フォンテラジャパン、三菱自動車、ワイ・インターナショナル、RUGBYJapan365

お問い合わせはスクラム釜石HPお問い合わせフォームよりメールでお問い合わせ下さい。

https://scrumkamaishi.jp/inquiry

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others