ツールドラグビートップへ

サンウルブズに追加選手が発表されました。

 

パナソニックのLO谷田部洸太郎選手、FLテビタ・ツポウ選手、そしてFL布巻峻介選手の3人です。

 

布巻選手のコメントです。

「今シーズン、サンウルブズでスーパーラグビーに挑戦することになりました。 今回、トップリーグと時期が重なったにも関わらず、送り出してくれるパナソニック ワイルドナイツには本当に感謝しかありません。 今回の挑戦は自分の中でも難しい決断になりましたが、今の自分にはスーパーラグビーへの挑戦での成長が必要と考え、この様な決断に至りました。 また、今回の挑戦によりスーパーラグビーのレベルの高さ、サンウルブズの価値をすべての選手、ファンの方々にも知って欲しいと思います。 今後のラグビー界をトップリーグと共に盛り上げていける様、努力していきます。 パナソニック ワイルドナイツを少しの間離れますが、必ず成長して帰ってきて、また離れている間も 1 番応援している一人として関わっていきたいと思います。 最後になりますが、パナソニック ワイルドナイツ ファンの皆さん、今まで同様熱い応援をよろしくお願いし ます!」

 

来年のサンウルブズは、選手がなかなか集まらずに苦戦しています。

その中で、『難しい決断』(本人)を下した布巻選手に、深く敬意を表したいと思います。

来年のサンウルブズに、やっと一筋の光が見えたような、期待感がちょっと膨らんだ気がします。

 

たやすい挑戦ではありません。どんな成績になるかはまったく保証されていない。でも、

「今の自分にはスーパーラグビーへの挑戦での成長が必要」

「今回の挑戦によりスーパーラグビーのレベルの高さ、サンウルブズの価値をすべての選手、ファンの方々 にも知って欲しい」

という言葉を聞いたら、もう胸アツで、応援するしかありませんね!

 

布巻選手、谷田部選手、ツポウ選手、そしてこれまで、これからサンウルブズに加わる選手たちが、サンウルブズの価値を高めるパフォーマンスを見せてくれることを心より期待します!

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others