ツールドラグビートップへ

【トップリーグ第7節と第8節の延期について】

ラグビートップリーグの第7節8試合、第8節8試合、合計16試合の延期が26日、日本ラグビー協会とトップリーグから発表されました。

 

トップリーグからのプレスリリースです。           

 

 2月24日に発表された新型コロナウイルス感染症対策専門家会議による「この1〜2週間の動向が、国内で急速に感染が拡大するかどうかの瀬戸際である」という見解を受け、ジャパンラグビートップリーグでは、ご来場のお客様、選手、関係者の健康面と安全面を第一に考慮した結果、3月8日までのリーグ戦の開催を延期することで、感染拡大防止に努めることといたしました。

 

延期された試合は、第7節8試合が3月21−22日、第8節8試合が5月1−2日のBYE週に実施する予定で調整中とのことです。22日午後に会見した太田治チェアマンは、「BYE週に試合会場を確保するメドが立った」ことで、中止ではなく延期の決定に至ったと話しました。ただし、すべて同じ会場を確保できたわけではなく、違う会場に移るカードも出る見込み。それらの調整が済み次第、代替試合の日程を発表する予定です。

気になるのはチケットの取り扱いですね。今季のトップリーグのチケットはプラチナチケットです。太田チェアマンによると、発売済みのチケットはすべて払い戻しになる。つまり無効。代替試合のチケットは改めて販売されるとのことです。

個人的には、延期された元試合のチケット所有者には優先購入権があってもいいんじゃないかなと思います。太田チェアマンにそれを尋ねたところ「急なことでもあり、オペレーション的に難しかった」との答えでした。ワールドカップでも台風による中止はあったし、今季のトップリーグは台風の季節ではないけれど、この時期大雪による延期は今までもあった(今年はなさそうですが……)。これまでは、チケット争奪戦がほとんどなかったので目に見える問題はなかったような印象だけれど、これからはそうではないですね。今回の経験をぜひ今後に生かしてほしいです。

 

なお、第9節以降については「3月9日をメドに、再開決行かどうかを判断する」とのこと。想像したくないことではありますが、その先も収束しなかった場合は「後ろも決まっているし、その場合は中止にせざるをえないのかなあと思います」

 

そのほかの日本協会主催試合・大会、各カテゴリーの日本代表合宿、遠征などについては今のところ「開示できる状況ではない」とのこと。当面、予定されていた合宿、遠征は実施される前提で準備しているとのことでした。

 

とり急ぎ、お知らせでした。

 

※※先日ご案内しました、後藤翔太さんトークライブ(3月5日@高田馬場ノーサイドクラブ)は、延期させていただきました。こちらも代替日程が決まりましたらお知らせします。こちらは、すでにお申し込みいただいた方には代替開催の際、優先的にご予約対応させていただきます。楽しみにしていたみなさまにはお詫び申し上げますm(__)m

感染収束の際にはよりパワーアップしたトークライブを企画しますのでどうぞお楽しみに!

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others