ツールドラグビートップへ

 

【トヨタ上野 緊急招集!】

アジア5カ国対抗の最終戦(21日・コロンボ)に向けて準備中の日本代表にアクシデントがありました。

HO木津武士選手のお父さんが19日に逝去。急遽帰国が決まり、代わって緊急招集を受けたのが、トヨタ自動車の上野隆太選手です。


(左端が上野選手です。2010年2月の日本選手権より)

しかし、試合前日の招集ですから、移動のスケジュールがスゴいんです。

20日23時50分、羽田からシンガポール行きのJAL便に搭乗。21日の朝6時00分にシンガポールに到着すると、7時05分発のスリランカ航空便に乗り継ぎ。すべて定刻通りに飛んだとして、コロンボ到着が午前10時00分です。

アジア5カ国対抗の最終戦、スリランカ戦のキックオフは16時の予定。入国手続きにどれくらい時間がかかるのかわかりませんが、もしかしたら、空港からスタジアムに直行かも!? 背番号16のジャージーを着てリザーブに入る予定です。相当消耗した状態で到着するはずなので、ケガなどしないためにも無理に出ない方がいい気もするし、そんな思いをしてまでスリランカに行ったなら出て欲しい気もするし……。

 

上野選手は2007年度の明治大学キャプテン。早明戦では屈辱の大敗を喫したけれど、そこから大学選手権ベスト4に勝ち進みました。トヨタ自動車でも今シーズンからキャプテンに就任しています。日本代表にはこれが初の参加ですが、日本代表のフロントローに居並ぶ畠山健介選手、堀江翔太選手、川俣直樹選手は全員同い年。負けてられない思いは強かったはず。今回のタフな経験が、これからのキャリアの糧になってほしいと祈ります。


あわせて、木津選手のお父様のご冥福をお祈りします。
 

【セブンズ日本代表決定!】

5月29日のセブンズフェスティバル2011に出場する男女日本代表メンバーが発表されました。

男子=レプハ・ラトゥイラ(近鉄)、山内貴之(トヨタ自動車)、シオネ・テアウパ(クリーンファイターズ)、ロテ・トゥキリ(日本協会)、荒牧佑輔(九州電力)、笹倉康誉(パナソニック)、ロトアヘア・ポヒヴァ(埼玉工大)、坂井克行(豊田自動織機)、中濱寛造(神戸製鋼)、鶴田諒(NTTコム)、豊島翔平(東芝)、竹中祥(筑波大1年)、

女子=アンジェラ・エルティング、大島千佳(PHOENIX)、辻本つかさ(SCIX)、兼松由香、伊藤絵美(名古屋レディース)、井上愛美(世田谷レディース/流通経大2年)、田坂藍(日体大2年)、鈴木実沙紀(関東学院大1年)、三樹加奈(立正大1年)

注目は、男子の最年少18歳で選ばれた竹中祥ですね。花園を暴れ回り、桐蔭学園を花園初優勝に導いた豪脚WTB、パワフルなランが魅力ですが、先週のセレクション合宿で行われた測定では、スプリント走と立ち幅跳びで、ともに全参加選手中トップの記録をたたき出しました。高校時代のチームメイト・松島幸太朗は南アでチャレンジ中、ライバルであり親友の布巻峻介はU20日本代表でグルジアのJWTへ遠征中。負けてられません!

 

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others