ツールドラグビートップへ

【ともだちカップ】

2回東北小学生ラグビー交流大会「ともだちカップ」

大盛況で初日が終了しました。

第1日は東北6県10のラグビースクールから集まった約80人の小学生により、プール別の試合を実施。


(試合の合間には、放水車によるシャワータイムも!子供も大人も大喜び!)


(自衛隊のみなさん差し入れのスイカ、美味しかった!)

試合のあと、エディさんによるラグビークリニックがみっちり1時間超。

小学生の選手たちに加え、各スクールのコーチたちも熱心に聞き入っていました。


(子どもたちに質問を浴びせるエディさん。子どもたちも最初は緊張気味でしたが、どんどん盛り上がっていきました)

それから、参加スクールをシャッフルして編成した宿泊テントチームごとに飯ごう炊さん、食事、入浴、キャンプファイヤー……船岡自衛隊ラグビー部のみなさんの全面協力を得て、もりだくさんのメニューは怒濤のごとく進みました。



(飯ごうすいさん、火の扱いは自衛隊のお兄さんがやってくれました)


(キャンプファイヤーの点火式には、火の女神さまが登場!)

キャンプファイヤーではラグビークイズも実施。

第1問.

「きょうゲストでいらっしゃった林敏之さんの、現役時代のポジションは?1:プロップ、2:ロック、3:フランカー。さあどれでしょう?

正解は……全部正解!」

なんていう楽しい問題もありました。

 

その後は、参加各スクールのコーチのみなさんと、特別講師としてお招きしたエディーさん、林敏之さんを囲んで懇親会。


各スクールのコーチは、高校生の頃に林敏之さんの熱くて勇敢なプレーに胸を熱くした方々が多かったようで、熱い夜でした。


(船岡自衛隊ラグビー部のみなさん、自衛隊駐屯地内「花の舞い」のみなさんと特別講師陣で!)
 

2日目はこれから、また試合を実施。

エディーさんクリニックの成果がどんなふうに出るか?

楽しみ楽しみ、これより第2日のメニューに突入です!

 

まずは速報でした! 

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others