ツールドラグビートップへ

【韓国戦メンバー発表】

26日、アジア選手権第2戦となるホームの韓国戦(29日・秩父宮)の登録メンバーが発表されました。

1 石原慎太郎(サントリー)C1 ※VC

2 坂手淳史(パナソニック)C5

3 須藤元樹(サントリー)C1

4 谷田部洸太郎(パナソニック)C9

5 アニセ サムエラ(キヤノン)C4

6 マルジーン・イラウア(東芝)C4

7 小澤直輝(サントリー)C1

8 松橋周平(リコー)C3

9 流大(サントリー)C1 ※キャプテン

10 小倉順平(NTTコム)C1

11 山田章仁(パナソニック)C18

12 松田力也(帝京大)C4

13 山中亮平(神戸製鋼)C8

14 アマナキ・ロトアヘア(リコー) C5

15 野口竜司(東海大)C5

【リザーブ】

16 日野剛志(ヤマハ発動機) C3

17 三浦昌悟(東海大4年)C3

18 知念 雄(東芝)C3

19 小瀧尚弘(東芝)C8

20 徳永祥尭(東芝)C1

21 茂野海人(NEC)C3

22 山沢拓也(パナソニック)−

23 中村亮土(サントリー) C9

先週のメンバーから先発9人を変更。

うち、先週の登録メンバー外から投入したのはFWの谷田部、アニセ、イラウア、松橋、BKで山田選手の5人。全員、昨秋の日本代表欧州遠征組です。

ジェイミーHC、思い切ってテコ入れしたな、という印象です。

最年長31歳の山田選手は「ベテランというより、若々しい、エネルギッシュなプレーをしたい」と抱負を話しました。

 

登録23選手のうち、唯一のノンキャップは山沢選手。

「リザーブですが、メンバーに選ばれたことは嬉しい半面、やることを責任持ってやらなきゃいけないなと感じています」

山沢選手が日本代表の合宿に初めて招集されたのは2012年。深谷高3年生の春でした。そのときから5年かけて、ようやく初キャップのチャンスがめぐってきました。

「5年間の間にはケガとかもあったし、自分としては『やっと…』というような感覚はなくて、初めて(代表入りした)みたいな感覚の方が強い。思い切ってやれます」と話しました。

田村優選手、田村煕選手、小倉順平選手、ヘイデン・クリップス選手、松田力也選手とSOの競争は激しいです。小野晃征選手もケガが治れば復帰するでしょうし、山沢選手も参入すると、これはまた大変なことになりそうです!でもこれは嬉しい悲鳴。韓国戦、リザーブからピッチに入る山沢選手のテストデビューは見逃せない!

 

【TLトライアウト】

26日は日本代表の練習に先立ち、町田のキヤノングラウンドへ。

トップリーガーを目指す59人の選手が、午前中はFWとBKに別れての練習で、午後は3チームに分かれての巴戦形式の試合で、アピールを行いました。

このトライアウトは今年で5回目。毎年の行事として定着してきましたが、今年はやや参加選手が少ないような……

実は、関西と関東の2回開催しているこのトライアウト、今回は「エントリーできるのはどちらか1回のみ」と制約を設けたのだそうです。

例年は、1度ダメでも、もう一度アピールしよう…と気合いを入れてくる選手もいたのですが、逆に、一度しかチャンスはない、という緊張感を持たせるのが狙いということです。

 

リクルーターとして、大学の監督として、リソースコーチとして……レジェンドたちが大量に集結していました。40キャップ超の英雄がぞろぞろ。全員あわせたら500キャップを超えていそうです……。

 

午前中の練習を終えて、リソースコーチの菊谷さんは全員の前で話しました。

「午後の試合は、どのチームも30分×2本、これはみんなにとって大事な時間になる。これは僕からの提案なんだけど、お昼を食べるときは、自分の大学の仲間と固まるんじゃなく、このチームの仲間と過ごして、チームワークを作ってほしい」

 

でも……結局、みんな、自分の学校単位で固まってたなあ。

菊谷さん「やっぱ、日本人です」と苦笑い。

「みんな、ここからの60分に人生かかってるんだけどなあ」

午後の試合は30分×3本、それぞれに良いプレーはありましたが、

「何か、おとなしいですね」「ギラギラしてるの、いませんでしたね」

トップリーグのリクルーターのみなさんからは、そんな言葉が漏れていたのでした。

もっとも、スカウトの皆さんは、人前では低い評価を口にしておいて、陰では……なんてことがあるかも。

光ったプレーはいっぱいありましたからね。

まあ、トライアウトという性質上、当欄では個人名はいったん控えます。

この中で、未来を掴んだ選手はどのくらいいたでしょうか?

 

ということで、これから釜石ナイトです!

 

JUGEMテーマ:ラグビー

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【日本代表練習】

    25日は辰巳へ。日本代表の練習取材でした。

    日本代表は、とはいってもサンウルブズ不在の間の若手中心の日本代表ですが、22日の今季初戦、アジア選手権のアウェーの韓国戦では47-29という乱打戦。勝ったものの、5トライを奪われる、何とも締まらない試合をしてしまいました。

     

    そしてリスタートのこの日の練習では、ジョセフHCが厳しい表情で練習をリード。

    全体のフィットネスが終わると、全員がグラウンド全体に散らばり1対1のタックルを始めました。

    ジョセフHCは言いました。

    「この前の試合はチームのタックル成功率は71%。これは普通なら負け試合の数字です。3人だけは90%を超えていたけれど、残りの20人は何もしていないのと同じだ。もう一度チャンスをもらえる選手もいるだろうけど、もう二度とジャパンのジャージーを着ることのない選手もいるだろう」


    シビアな姿勢は、29日のホームの韓国戦に、どんな形で現れるでしょうか?

    第2戦、ホームの韓国戦のメンバーは、26日(水)に発表されます。

     

    かわって大抜擢?

    ジェイミーの指導のもと、FW選手の生タックルを受けていたのが通訳のヒデさんです。

    ひょっとして、韓国戦の秘密兵器?

    ジェイミー「もちろん(笑)」

    佐藤さん「身体が痛い(苦笑)」

    はたして???

     

    【RJ365に後藤翔太さんの北九州セブンズ解説!】

    ラグビー専門WEBマガジンRUGBYJAPAN365からのお知らせです。

    この週末、22-23日に行われたワールドラグビー女子セブンズシリーズ第4戦、北九州セブンズについて、後藤翔太さんプレゼンツ

    「Shota’s Check 後藤翔太が見た80分 No.58

    NZとカナダの決勝に感動。両国はすでに男子セブンズの領域か。

    日本はボールを動かすラグビーにシフト。

    魅力的な若手をより成長させるシステムを。

    1

    UPしました!

     

    ワールドセブンズ北九州大会を、Jスポーツ解説者としてつぶさに観戦した後藤さんが、豊富なコーチングキャリアと勝負魂で培った、独自の視点で解説します。

     

    しかし、本当に、NZとカナダの決勝はすごい試合でしたね。後藤さんの解説に同感です! そしてサクラセブンズへの評価も。

    北九州では全敗に終わったサクラセブンズですが、来季のコアチーム復帰は決定しています。ここからがスタートですね!

     

    【26日は釜石ナイト】

    26日(水)は釜石ナイト`ノーサイドクラブです!

    今月は、わたくし大友より、先週のクライストチャーチ取材を報告させていただきます。

    3月18日(土)の東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベントでは、たくさんの方々から、東北&クライストチャーチ復興への思いを寄せていただきました。

    今回、震災から6年4ヵ月が経過したクライストチャーチを取材で訪れることができました。短い滞在でしたが、そこで見聞きした今の町の様子、復興の様子、スタジアムの様子などを報告させていただきます。

    もちろん、スライドもたくさん使って、報告させていただきます!

     

    プラス、北九州セブンズのレポートも。

    ご来場者には、抽選で、北九州セブンズのプログラムをプレゼントいたします!

     

    釜石ナイトはご予約不要。

    釜石だけでなく、ラグビー&東北&震災復興、そしてビール、釜石の銘酒・浜千鳥……などなど、キーワードを共有する方と、楽しい時間を過ごしたいと思っております。

     

    よろしければ、釜石ナイトへおこしください!

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【北九州セブンズDAY2】

    23日はワールドラグビー女子セブンズシリーズの北九州大会第2日、決勝トーナメントを取材しました。

    北九州スタジアムはこの日も最高の好天に恵まれました。

     

    サクラセブンズは、前日3戦全敗に終わり、この日は9位以下の順位決定トーナメント・チャレンジトロフィーに回りました。

     

    まずはチャレンジトロフィー準決勝、スペインとの対戦。

    前半は0−7とリードされますが、後半3分、昨日は堤選手へのパスでトライをアシストした清水選手が、今度は堤選手からゴール前でリターンパスを受けて、1回転しながらトライ。

    しかし、その後は、トライ目前のところまでは何度か行くのですが、最後のところで取り切れず、逆にカウンターを浴びてしまう。

    残念ながら5-14で敗れてしまいました。

    日本の最後の試合は11/12位決定戦。

    相手は昨年のリオでも最後の9/10位決定戦、コアチーム残留をかけて戦ったブラジルでした。

    この試合は日本がライテ選手のトライで先行。一度逆転されますが、桑井亜乃選手のトライで再逆転し、10−7とリードして折り返します。

    後半も、日本は攻め込みますが、相手ゴール前でもうひとつトライを取りきれない。

    10−12と再々逆転されて迎えた後半5分、長田いろは選手が相手ゴール前に迫ります。

    ここで平野優芽選手がサイドを突きますが、残念ながらトライラインまでは届かず、見方のサポートもなく孤立してしまいノットリリースザボールのペナルティー。

    最大のチャンスを逃すと、結局、10−12で敗北。5戦全敗の12位で大会を終えてしまいました。

     

    「『サイドが開いてる』というコールがあって、外からも『放れ』というコールがあって、迷ってしまった。どっちが正しいチョイスだったか、映像を見てレビューしたい」と平野選手。SOの位置にいた中村知春選手は「ちゃんと呼ばなきゃいけなかった」と唇を噛みました。

    きっと、このプレーが現在のサクラセブンズと世界の距離を象徴していたのだと思います。チャンスの扉は一瞬しか開かない。そのとき瞬時に最善の選択をしないと、取れるはずのトライが取れなくなってしまう。取れるはずのトライを取れないことは、ペナルティやターンオーバーにつながり、即失点につながってしまう。

    アジアシリーズや昇格大会では、そこまでのシビアなことは問われなかった。ある程度アバウトな判断、コミュニケーション、パスでも何とかなった。だけどこれから戦う世界のステージでは、全然違う水準が求められるわけです。

    「ブラジルは、去年のリオで戦ったときと力は変わっていなかったと思うけど、コアチームでトップの国と戦うことになれているのかなと感じた」と中村知春選手は言いました。

    「ワールドシリーズで7位になったのは3−4年前だったと思うけど、そのときから見たら世界がものすごく進歩している。日本も進歩しているけれど、コアチームから外れていた間に世界がもっと進歩している」

    決勝トーナメントは本当に、女子セブンズ進化のすごさをまざまざと感じさせました。

    決勝のニュージーランドvカナダのすごさといったら!

    カナダのランドリー主将の視野の広さ、読みの鋭さ、ゴールキックの精度、

    7点差をつけられ、敗色濃厚に思えたNZを蘇らせたウッドマン選手の豪快70m独走トライと、ロスタイムの大逆転サヨナラトライ。

    スリリングなトライの応酬に酔いしれました。

     

    もうひとつ、赤丸急上昇はフィジーです!ほんの2年前までは強化も手つかずでしたが、そこから急ピッチで強化が進み、今回は3位決定戦で、リオ金メダルのオーストラリアをギリギリまで追い詰めました。

     

    今大会の最終順位は

    優勝 ニュージーランド

    2位 カナダ

    3位 オーストラリア 

    4位 フィジー

    5位 ロシア

    6位 イングランド

    7位 アメリカ

    8位 フランス

    9位 アイルランド

    10位 スペイン

    11位 ブラジル

    12位 日本

    となりました。

    金銀銅3チームの集合、いい絵でした!

    ニュージーランドのハカ!

     

    優勝したNZのアランHCは、日本の東京ガスで7年間プレーした知日派で、サクラセブンズのスポットコーチを務めたこともあり、日本について聞かれて「たくさんの選手が伸びている。ライテ、チハル、アノ……印象的な活躍をした選手はたくさんいたよ」と話し「大事なのはこれから経験を積んでいくこと。強化には時間がかかるからね」

    と言いました。とはいえ、東京オリンピックまではあと3年です。(ということは、15人制ワールドカップの2019年まではあと2年なんです…)3年前は2014年、そこから進歩できた幅を振り返ると、ちょっとやそっとじゃ、東京オリンピックでのメダル獲得なんて、軽々しく言えないな…と思ってしまったのでした。

     

    ともあれ、サクラセブンズ、世界との戦いはこれから始まるのですね。

    中村知春選手は「ここまでは勢いだけで来たけれど、ここからは大人のチームになっていかないといけない」

    重みのある言葉だと思いました。

     

    サクラセブンズは、このあと6月に開かれるワールドシリーズ最終戦、クレルモンフェラン大会に出場が決まりました。

    サクラセブンズのこれからに期待します!

     

    【4月26日(水)は釜石ナイト】

    お知らせです。

    早いことに、4月も下旬となりました。ホントに早いですね。イヤになっちゃう(^^ )

    ということで、今月も月末最終水曜日がやってきます。

    4月26日(水)は釜石ナイト!

    今月は、わたくし大友より、先週のクライストチャーチ取材を報告させていただきます。

    3月18日(土)の東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベントでは、たくさんの方々から、東北&クライストチャーチ復興への思いを寄せていただきました。

    今回、震災から6年4ヵ月が経過したクライストチャーチを取材で訪れることができました。短い滞在でしたが、そこで見聞きした今の町の様子、復興の様子、スタジアムの様子などを報告させていただきます。

    もちろん、スライドもたくさん使って、報告させていただきます!

     

    プラス、北九州セブンズのレポートも。

    ご来場者には、抽選で、北九州セブンズのプログラムをプレゼントいたします!

    釜石ナイトはご予約不要。

    釜石だけでなく、ラグビー&東北&震災復興、そしてビール、釜石の銘酒・浜千鳥……などなど、キーワードを共有する方と、楽しい時間を過ごしたいと思っております。

     

    よろしければ、釜石ナイトへおこしください!

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【北九州セブンズ】

    22日はワールドラグビー女子セブンズシリーズの北九州大会を取材しました。

    サクラセブンズは、昨年のリオ五輪以来となる世界トップ国との対戦。

     

    初戦はNZ戦、開始直後のシリーズで、自陣のラインアウトから中村知春選手がいい突破。わずかでもサポートが遅れるとターンオーバーされ、ペナルティを取られ、一気に反撃されてしまいますが、手も足も出ない展開だったリオ五輪の印象と比べると、ボールを動かして、勝負に出るとほとんどの場面でハーフブレイクの形まではもっていける、スリリングな展開に持ち込んでいるなと感じました。

    特に後半、ピッチに入った平野優芽選手のビッグゲインは印象的でした。

     

    前日会見で中村知春選手が言った「世界をそんなに高く見る必要はなかったんだなと教えてくれる。頼もしい」と言っていたことを思い出しました。

    といいつつ、やっぱり中村知春選手のワークレートと反射、反応の鋭さはすごい!タックルしてオーバーして、PKをもらった瞬間にはタップしてGOしてる。この人こそ頼もしい!と改めてホレボレしました。

    NZ戦は0−31で敗れました。NZ戦のフォトギャラリーはこちら

    6

    https://rugbyjapan365.jp/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%20%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BA%E5%88%9D%E6%88%A6%E3%83%BBNZ%E6%88%A6

     

    続くロシア戦も、いいところまで攻め込みながら、あと一歩のところでボールを奪われてはカウンターアタックを浴びて、トライを重ねられます。

    「ロシアは大きくて歩幅が広くて、捕まえたと思ったのに捕まえられなくて、そのまま追いつけなくなってしまった」(堤ほの花選手)

    「タックルできると思って踏み込むけど、相手のステップが大きくて、捕まえられずに飛び込む形になってしまった」(清水麻有選手)

    それでも後半早々には、PKから清水選手が速攻に出て、堤選手につないで今大会初トライをあげます。

    ロシア戦は結局、5−29で敗退。

    ロシア戦のフォトギャラリーはこちら

    5

    https://rugbyjapan365.jp/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%20%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BA%E7%AC%AC2%E6%88%A6%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B7%E3%82%A2%E6%88%A6

     

    そして最後はフランス戦。この試合に8点差以上で勝てば、決勝トーナメントに道の開けるサクラセブンズでしたが…開始3分まで0−0で粘りましたが、じわじわとトライを奪われ、前半は0−12。

    後半も2トライを奪われますが、残り0分に堤選手が自陣から65mを快走してトライ。

    残り時間なし。ここでサクラセブンズは2点のコンバージョンを放棄して、次のキックオフからのラストアタックでもう1トライを狙いに行きましたが……残念ながらボールを奪われ、トライされてしまいました。

    うーん、でもグッドチャレンジだったのかな。今季はコアチームから陥落しての1年、唯一のワールドシリーズなのだから、失うモノのないチャレンジ。挑んだからこそ学べたことがある!ということだと思います。

    フォトギャラリーはこちらからどうぞ。

    2

    https://rugbyjapan365.jp/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB/%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC%20%E5%A5%B3%E5%AD%90%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E5%A4%A7%E4%BC%9A%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BA%E7%AC%AC3%E6%88%A6%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9%E6%88%A6%E6%88%A6

     

    1日目終了のミックスゾーンで取材に応じた山中主将も、桑井選手も、堤選手も、清水選手も、みな「世界のトップと戦うことができて楽しかった」「戦えている実感があった」と話していたのが印象的でした。

    サクラセブンズ、大会2日目の23日は残念ながらチャレンジトロフィー(9位以下順位決定戦)に回ることになりましたが、しっかり戦えていると思います。ひとつでも上の順位を目指して、2日目もGO!サクラセブンズ!

     

    RUGBYJAPAN365プレミアムページには

    「サクラセブンズプロファイル2017 長田いろは(立正大1年/アルカス熊谷)掲載しました!

    1

    https://rugbyjapan365.jp/%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0/%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%E3%82%BA%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB2017%E2%88%92vol.7%E9%95%B7%E7%94%B0%E3%81%84%E3%82%8D%E3%81%AF

    北九州大会のヒロイン、素顔もキャラも、結構ユニークです!

     

    【男子のヤング日本代表は…ほろにが初戦勝利】

    アジア選手権の男子15人制日本代表は、仁川で韓国代表と対戦。47−29で勝ちました。

    日本は開始1分、SO小倉順平選手の鮮やかパスからCTB12中村亮土選手のトライで先制。さらにLO宇佐美選手の2トライなどで前半を35−12とリードしますが、後半は取りつ取られつの乱打戦になり、最終スコアは47−29。後半に限るとトライ数2−3、得点も12−17の劣勢で終わってしまいました。特に後半のラストプレー、韓国が自陣ゴール前のスクラムからギャンブルで仕掛けてきたアタックで、ほぼ100m切り替えされてトライを奪われた場面は、絶対にあってはならないことだと思いました。逆に言うと、あそこからアタックをしかけて、最後までトライを取りきった韓国は立派でした。

    3

    https://rugbyjapan365.jp/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BB%A3%E8%A1%A8/%E6%96%B0%E7%94%9F%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3%E3%80%81%E5%AE%9F%E6%88%A6%E3%81%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%81%AB%E8%AA%B2%E9%A1%8C%E3%80%8C11%E4%BA%BA%E5%88%9D%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AB%E6%83%85%E7%86%B1%E3%81%8C%E8%B6%B3%E3%82%8A%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%8D

    以下、日本協会から発表されたコメントです。

     

    ジェイミー・ジョセフHC

    「前半でトライを量産すると、そこで調子に乗って好き勝手なプレーをし始めるが、そんな状況で一番残念だったのは11人が初キャップにも関わらず情熱が足りなかったところだ。このチームは集まって初めての試合だったので色々修正や課題が出てきた。アタックに関してはそれほど心配していないが、やはりディフェンスの課題をしっかり修正したい。修正点はタックル。ディフェンスにおいては、全てにおいて決定力を持ったプレーをしないといけない。アタックは良かったところがあったが、ディフェンスでは激しさや、死に物狂いで止めるというところがあまりなかった」

     

    流 大キャプテン

    「本日の試合で日本代表としてデビューできたことを嬉しく思う。試合内容は気持ちの部分を含め、修正が必要なところがたくさんある。秩父宮ラグビー場で行われる次戦では、日本のファンの前で素晴らしい試合にしたい」

     

    石原 慎太郎バイスキャプテン

    「ほろ苦い試合だった。初めてジェイミー(・ジョセフヘッドコーチ)のラグビーをNDS(ナショナル・デベロップメント・スコッド)キャンプで4週間やって、初めて対戦相手がいる状態で試合をしてみて、思うようにいかないことだらけだったし、自分たちがコントロールできるところでさえもうまくいかない部分があった。次の試合に向けては、まず自分たちがコントロールできる部分を改善した上で相手どうこうという話になってくると思うので、そこをしっかりと見つめ直したい」

     

    以下、各選手のコメント等はこちらからどうぞ!

    https://www.rugby-japan.jp/2017/04/22/japan_v_korea_comments/

     

    【サンウルブズはハイランダーズに敗れる】

    そしてスーパーラグビーのサンウルブズは、NZ南島最南端(Jスポーツ解説のスティーブ小林さん曰く「南極に一番近い」)インバーカーゴでハイランダーズと対戦。

    前半は30分過ぎまで3−7で粘りました。

    そのあと、ハーフタイムをはさんで5トライを奪われ、後半3分には3−40まで差を広げられましたが、ラスト22分にNo8ブリッツ、交代FLラーボニ・ウォーレンボスアヤコ選手がトライを返し。15−40まで追い上げました。

    トライ数で2−6。勝ち点で0−5の完敗。

    このスコアですから完敗なのは間違いないですが、とはいえ、サンウルブズの戦いを見ていると、本当に大崩れしないな、地力がついたなと感じます(北九州セブンズの合間に、オンデマンドで観戦していた次第です。便利になってありがたいけれど、何だか風情がない気もしてしまいますが…)

     

    以下、サンウルブズから発表されたコメントです。
    ■フィロ・ティアティア ヘッドコーチ
    「ハイランダーズというすばらしいチームと対戦し、たくさんの学びがあったと思います。サンウルブズのアタックができた点もありました。ハイランダーズにプレッシャーをかけることができた場面もありました。試合の中でいい点もありましたが、そんな中でも向上し続けなければいけない点も、まだまだたくさんあります。

    今日の試合で数名コンディションを見守らなければいけない選手もおりますが、それらの選手については来週メディカルチームがリカバリープランを立て、チーフス戦へ準備を進めていきます」

    ■キャプテン エドワード・カーク選手
    前節・クルセイダーズ戦よりもずっといいパフォーマンスができたと思います。先週できなかったことで今週やりたいと思っていたことは、今日の試合では遂行できたと思います。
    ゲームをパート、パートで分けるのではなく、もっと一連の流れを作りたいと思います。後半の最初の20分でいったんペダルを踏めましたが、バラバラになったところもありました。ただ最後にいい終わり方ができたのはよかったと思います。
    ハイランダーズはすごくいいチームでしたが、我々がプレッシャーをかけることに成功したところもあり、よかったと思います。来週の試合はもっと厳しい試合になると思います。アタッキングラグビーができるサンウルブズのプレーを、チーフスに対してもっとやっていければと思います。今回の遠征は長い遠征になりますが、残り2週間、ランニングラグビーを継続し、またディフェンスを向上することで、いいツアーを終えることができるのではないかと思います」

    ■ヴィリー・ブリッツ選手
    「すごくいい試合ができたと思います。サンウルブズはすごくハードにアタックをし、戦ってくれました。エキサイティングなラグビーができました。ディフェンスでもステップアップすることができました。しかし、ボールをもっと我慢してキープしなければいけない場面があります。簡単なターンオーバーを取られてしまったことが多かったです。何点か状況判断がうまくいかなかったところもありました。引き続き向上していくのみだと思います。全体的にはすごくいいパフォーマンスができたと思います。最後はいい終わり方ができたと思います」

    ■田中史朗選手
    「昨年まで所属していたハイランダーズとの対戦ということで、すごく興奮しましたし幸せでした。今日は自分のいたチームに対して、何らかのプレッシャーを与えたいと思って試合に挑んでいました。
    ディフェンスの面はよかったと思います。クルセイダーズ戦の時よりも、1人1人が自分の仕事を意識してできていました。チームの意識がすごく変わったと思います。少し気を抜いたところでボールを取られていたので、チーフス戦では気を抜かいないように、全員でコミュニケーションを取って補っていければと思います」

    ■山本幸輝選手
    「スタジアム全体がハイランダーズ一色で、アウェイという感覚は強かったですが、そんな中でもサンウルブズはチームとして戦えたと思います。点差が開いた時でも、最後までサンウルブズのスタイルを貫き通し、諦めずに自分たちのスタイルで戦えたところです。今日はたくさんの改善点を見つけることができ、いい試合だったと思います。
    個人的な反省点では、スクラムでクリーンな球出しができなかったところがあったり、ラインアウトでも相手からのプレッシャーの中で、もう少し精度を上げていかなければいけません」

     

    サンウルブズ、来週はチーフス戦です!

     

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【サクラセブンズ北九州大会メンバー決まる】

    ワールドラグビー女子セブンズ北九州大会サクラセブンズ登録メンバーが決まりました。

     

    1 バティヴァカロロ・ライチェル海遥 19 立正大2年/アルカス熊谷

    2 マティトンガ・ボギドゥラマイナダヴェ 32 アルカス熊谷

    3 桑井亜乃 27 アルカス熊谷

    4 中村知春 28 アルカス熊谷

    5 谷口令子 24 アルカス熊谷

    6 伊藤優希 20 日体大3年

    7 清水麻有 19 日体大2年

    8 田中笑伊 17 国学院栃木高3年

    9 長田いろは 18 立正大1年/アルカス熊谷

    10 平野優芽 17 東亜学園高3年/ラガールセブン

    11 堤ほの花 19 日体大2年

    12 山中美緒(c) 21 立正大4年/アルカス熊谷

    香港の昇格大会から横尾千里選手に代わり、田中笑伊選手が登録され、12人中半分の6人がティーンエイジャーです!

    4人ならカルテット、5人ならクインテットですが、6人は何と言えばよいのでしょう?

    調べると、セクスパックというらしいですが、何か落ち着きが悪いですよね。

    ハーフダズン?シックスパック?……これは決まらないかな?

     

    ということはともかく、ラグビー専門WEBマガジンRUGBYJapan365では、会見レポート&大好評企画「サクラセブンズプロファイル」第7弾を間もなくUPいたします。

    サクラセブンズプロファイル第7弾は、立正大1年の長田いろは選手です!

    そして、あすの東京中日スポーツ首都スポは

    「ラ組女子特別編 世界に羽ばたけ! 10代6人ムスメ!」

    文字通り、10代の6人を中心にお届けしております!

     

    この日の会見で、印象的だった言葉。

    平野優芽選手の「ずっとNZやオーストラリアと戦うことを目標にラグビーをやってきたので、やっとスタートラインに立てた。楽しみで仕方ない」

     

    そして前キャプテンの中村知春さん

    「私たちも若い子から学ぶことは多い。みんな基本的なスキルレベルが高いし、物怖じしない。私たちが思っていたほど『世界をそんなに高く見る必要はなかったんだ』と教えてくれる。頼もしいです」

    チームマスコットの「ラブちゃん」と。

     

     

    サクラセブンズのニューエイジ、大会第1日の22日は、

    12時20分から vsニュージーランド

    14時42分から vsロシア

    17時26分から vsフランス

    どんな戦いを見せてくれるでしょうか? 楽しみです!

     

    そして、男子15人制日本代表は仁川にて韓国戦、

    サンウルブズは、日本時間14時15分からインバーカーギルにてハイランダーズ戦、

    ファンにとっては(メディアにとっても)緯度が強い1日になりそうです!

     

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【サンウルブズメンバー】

    サンウルブズのNZ遠征第2戦、ハイランダーズ戦(4月22日(土))の登録メンバーが発表されました。

    1 稲垣啓太

    2 庭井祐輔

    3 山路泰生

    4 サム・ワイクス

    5 ヘル ウヴェ

    6 エドワード・カーク(C)

    7 三村勇飛丸

    8 ヴィリー・ブリッツ

    9 田中史朗

    10 田村 優

    11 笹倉康誉

    12 ティモシー・ラファエレ

    13 ウィリアム・トゥポウ

    14 中鶴隆彰

    15 松島幸太朗

    《リザーブ》

    16 木津武士

    17 山本幸輝

    18 伊藤平一郎

    19 真壁伸弥

    20 ラーボニ・ウォーレンボスアヤコ

    21 矢富勇毅

    22 ヘイデン・クリップス

    23 ジェイミー・ジェリー・タウランギ

     

    ジャパンエスアールから発表されたHC、キャプテン、選手のコメントです。

     

    フィロ・ティアティアHC

    「コンディションの影響で、セレクションに入れなかった選手も何人かいますが、今回新しいスターティングメンバーを選ぶことができ、嬉しく思います。ヴィリー・ブリッツは日曜日にチームに再合流しました。彼が帰ってきたことを本当に嬉しく思いますし、彼もハイランダーズ戦でプレーできることを楽しみにしています。ウィリアム・トゥポウは、南アフリカでのチーターズ戦から先発メンバーとしてプレーしていませんが、今回、先発メンバーとしてプレーするチャンスがきました。デレック・カーペンターも素晴らしいプレーを見せてくれましたが、今回はトゥポウにチャンスを与えたいと思います。

     ハイランダーズでは、サンウルブズの前ヘッドコーチのマーク・ハメットがアシスタントコーチを務め、日本代表のアシスタントコーチでもあるトニー・ブラウンが、ヘッドコーチを務めています。そして、田中史朗は昨年までハイランダーズの選手としてプレーしていました。サンウルブズとは非常に縁の深いチームとの対戦となりますが、彼らがしっかり準備をしてプランを立てて挑んでくることは分かっています。我々はクルセイダーズ戦でのパフォーマンスから向上させて、今回の挑戦に挑みたいと思います。本当にこのチャレンジを楽しみにしています」

     

    エドワード・カーク キャプテン

    「クルセイダーズ戦ではとても残念な負け方でした。ただ、我々はシーズンを通して常に学んでいくことしかないと思います。選手の多くは、今週末、我々の前ヘッドコーチだったマーク・ハメットのいるハイランダーズと対戦することを楽しみにしています。彼らは、サンウルブズと同じようなゲームをしかけてくると思います。その中で我々にとって強みになるのは、どれだけスピードをもってプレーできるかという所だと思います。金曜日に我々はインバーカーギルに移動しますが、ここを初めて訪れる選手も多くいます。チームはこの週末を心待ちにしています」

     

    稲垣 啓太

     「ニュージーランド遠征1試合目となったクルセイダーズ戦では、結果以上に自分達のやろうとしたこと、アタッキングプランを出すことすらできなかったことが残念でした。今週はその反省をもとにハイランダーズ戦へ準備をしているところです。毎回コーチ陣がいいプランを用意してくれているので、用意されたプランを、個人の役割をもって忠実に遂行することで、チャンスも生まれてくると思います」

     

     田中 史朗

    「(ハイランダーズとの対戦について)すごく懐かしい思いもありますし、自分がどれだけ成長したかも知れるチャンスなので、すごく楽しみにしています。また、日本のスーパーラグビーチームがハイランダーズに挑戦できることを、すごく嬉しく思います。セットプレーは日本も進化してきて、ひとつの強みになると思います。また、バックスもいい戦術があるので、それをしっかり使いながらコミュニケーションをとっていきたいと思います」

     

    もう、誰が見ても見所の多い試合、楽しみな試合ですよね。

    僕が言うまでもありませんが、SHは田中史朗選手vsアーロン・スミス選手が背番号9をつけてトイメン対決。過去4シーズン、ハイランダーズの9番を争ったライバル同士、どんな火花を散らすのでしょう? 2人ともゲームを仕切ってリードするタイプですし、相当楽しみです!

     

    そして、松島幸太朗選手とベン・スミス選手のFB対決。どちらも国代表のエースランナーでもあり、ハイボールキャッチのスペシャリスト。FB同士の空中戦という場面も、きっとあるでしょう。

    サンウルブズの選手では、個人的には今季初めてメンバー入り、左WTBで先発する笹倉選手に注目します。バックスリーは、サンウルブズ、日本代表、そして所属するパナソニックでも、強烈なライバルに囲まれているポジション。1試合ごとに、というよりも、1回1回の練習セッションごとにシビアなセレクションの目が注がれている状態。サンウルブズの練習を見ていても、初めのうちは疲れているように見えましたが、NDSキャンプを重ねる内に、徐々に笹倉選手らしいアグレッシブな姿勢が見えてきました。

     

    どんなプレーを見せてくれるか、楽しみです!

     

    ハイランダーズvsサンウルブズは、Jスポーツ1で、日本時間14時05分から生中継です。アジア選手権の韓国vs日本から、引き続きの生中継です!

     

    【サクラめぐり】

    クライストチャーチから帰ってきて、連日締め切りに終われておりましたが、何とかクリア。きょうは久々で武蔵野路を走って、サクラを追って小金井公園へ。

    小金井は江戸時代からサクラの名所だったといいます。僕は五日市街道を走っていくのですが、、そもそも五日市街道という道は、江戸から小金井に桜見物に行く人の往来で賑わった道だったのだそうです。

    ソメイヨシノはほとんど散ってしまったけれど、まだまだ咲いてる桜があるんですね。

    八重桜はもちろんですが、とりわけみごとに咲いていたのが「駿河台匂」

    いろんな桜が咲き誇っていました。

    ソメイヨシノの満開を外したら外したで、いいこともありました。

    そして、桜を追うように新緑の季節も到来です!

    ライドが楽しい季節になってきましたね!

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【ジャパン韓国戦メンバー発表!】

    19日、アジア選手権第1戦となる韓国とのアウェー戦(22日・仁川南洞ナムドン)の日本代表登録メンバーが発表になりました。

    今大会は規定で、キックオフの72時間前に登録メンバーを発表することとなり、通常よりも1日早く発表されます。

     

    1 石原慎太郎(サントリー)※VC

    2 日野剛志(ヤマハ発動機) C2

    3 渡邊隆之(神戸製鋼) C6

    4 大戸裕矢(ヤマハ発動機) 

    5 宇佐美和彦(パナソニック)C9

    6 柳川大樹(リコー)

    7 小澤直輝(サントリー)

    8 徳永祥尭(東芝)

    9 流大(サントリー)※キャプテン

    10 小倉順平(NTTコム)

    11 アマナキ・ロイロアヘア(リコー) C4

    12 中村亮土(サントリー) C8

    13 山中亮平(神戸製鋼)C7

    14 野口竜司(東海大)C4

    15 尾崎晟也(帝京大)

    【リザーブ】

    16 坂手淳史(パナソニック)C4

    17 浅堀航平(トヨタ自動車)

    18 須藤元樹(サントリー)

    19 小瀧尚弘(東芝)C7

    20 細田佳也(NEC)C1

    21 小川高廣(東芝)C1

    22 松田力也(帝京大)C3

    23 伊東力(ヤマハ発動機)

     

    キャップホルダーは先発に7人、リザーブに5人の計12人。ノンキャップは先発に8人、リザーブに3人の計11人という布陣です。

    去年のアジア初戦、三ツ沢の韓国戦は17人のニューキャップが誕生したので、それよりは少ないですが、今回も大量の新キャップが生まれることになります。

    キャプテンは流選手。初キャップで日本代表テストマッチの主将を務めるのは、2002年の箕内拓郎選手以来です。

    バイスキャプテンの石原慎太郎選手も初キャップです。

    フレッシュなメンバーが、韓国を相手にどんな試合をしてくれるでしょうか?

    この試合に勝つのはもちろんですが、6月のテストシリーズに生き残るための戦いでもありますからね!

    SO小倉選手は去年のツアーには参加したけれど、これが初キャップです。

    尾崎選手は層の厚いバックスリーへのチャレンジですね!

     

    この試合は、Jスポーツ1で11時55分から生中継されます。

    そのあと、14時05分からは、同じJスポーツ1で、スーパーラグビーのハイランダーズvsサンウルブズ。

    15時30分からはJスポーツ4で、ワールドラグビー女子セブンズシリーズ北九州大会第1日のプール戦が放送されます。

    日本の男女トップチームが、ここまで同時にあちこちで試合をする。すごいことです!

     

    それぞれのチームの活躍、奮闘を期待します!

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【RJ365に後藤翔太さんクルセーダーズ戦解説】

    クライストチャーチから帰国して2日。

    海外取材のあとはよくあることですが、持ち帰った仕事でデスクワークしっぱなしです。まあ、仕事に行ったんだから当たり前か(笑)

     

    露出は追々お知らせしていきますが、まずUPされたのはこちら。

    ラグビー専門WEBマガジンRUGBYJAPAN365

    にて好評連載中の後藤翔太さんのゲーム解析

    Shota’s Check 後藤翔太が見た80分 No.57 クルセーダーズvsサンウルブズ

    シンプルでいて、柔軟で重厚。ダイナミックで繊細。クルセイダーズは本当に強かった。

    サンウルブズの選手たちが感じた「痛み」がより強くなるためのモチベーションになる 

    クルセイダーズは強かった。サンウルブズの選手たちが感じた「痛み」がさらに強くなるためのモチベーションとなる

    https://rugbyjapan365.jp/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%93%E3%83%BC/%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%82%A4%E3%83%80%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%81%AF%E5%BC%B7%E3%81%8B%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%80%82%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%BA%E3%81%AE%E9%81%B8%E6%89%8B%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8C%E6%84%9F%E3%81%98%E3%81%9F%E3%80%8C%E7%97%9B%E3%81%BF%E3%80%8D%E3%81%8C%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%AB%E5%BC%B7%E3%81%8F%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%83%A2%E3%83%81%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B

     

    RUGBYJapan365会員専用ページでの掲載です。スーパーラグビー最多優勝、今季は全勝で首位を走るクルセーダーズに挑んだ一戦、大差の試合でしたが、勝敗だけでは語れない。試合のポイントはどこにあったのか? 後藤翔太さんが、独自の視点で試合の本質に切り込みます!よろしければお読みください!

     

    【Game On English 参加者募集(女子)】

    日本の高校に在籍するラグビー女子の皆さん、NZ政府企画のラグビー&英語留学プログラム「Game On English」への留学希望者募集が始まりました!

    派遣期間は8/6−8/26、行き先はNZのベイオブプレンティ、ホームステイしながらラグビーと英語を学べる、とっても魅力的なプログラムです。NZへの渡航費用などはプログラム主催者のNZ政府、共同主催者のスポーツ庁が負担してくれる! 応募期間は4/15−5/31(必着)です。詳しくはこちらのURLから。

    https://www.rugby-japan.jp/RugbyFamilyGuide/pg90.html

    昨年の参加者のみなさん(のうち、NZ大使館の報告会に参加した、関東からの参加者のみなさんです!)

    左から2人目の田中笑伊選手は、高校選抜女子セブンズのMVP、北九州セブンズの代表メンバーにも入っています!

     

    僕はNZ大使館の報告会に何度か参加させていただいているのですが、毎年、高校生のみなさんがすごく成長して帰ってくる。自分が高校生だったら、絶対に応募したいと思っちゃうような、貴重な経験を積んでくる魅力的なプログラムです。

     

    ラグビー女子高校生のみなさん、ぜひぜひ、応募しましょう!

     

    【ワールドラグビー女子セブンズ北九州大会メンバー】

    22−23日に北九州・ミクニワールドスタジアムで開催される、ワールドラグビー女子セブンズシリーズ北九州大会の日本代表メンバー14人が発表されました。

     

    マティトンガ・ボギドゥラマイナダヴェ アルカス熊谷/柏俣財団 埼玉自動車学校 32

    ★中村知春 アルカス熊谷/電通東日本 28

    ★桑井亜乃 アルカス熊谷/八木橋 27

    鈴木実沙紀 東京フェニックス/NTTファシリティーズ 25

    ★谷口令子 アルカス熊谷/凸版印刷 24

    ★山中美緒 アルカス熊谷/立正大4年 21

    伊藤優希 日体大3年 20

    堤ほの花 日体大2年 19

    バティヴァカロロ・ライチェル海遥 アルカス熊谷/立正大2年 19

    立山由香里 日体大2年 19

    清水麻有 日体大2年 19

    長田いろは アルカス熊谷/立正大1年 18

    田中笑伊 国学院栃木高3年 17

    平野優芽 ラガールセブン/東亜学園高3年 17

    (年齢順。★はリオ五輪代表)

     

    香港昇格大会に向けたスコッドに、19歳の立山由香里選手と17歳の田中笑伊選手が加わり、ますます若い布陣となりました!10代が14人中半数の7人!最終登録メンバー12人は大会前日に発表される見込みです。

     

    日本で初めて開催される女子のワールドシリーズとなる北九州大会。楽しみです!

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【クライストチャーチ】

    クルセーダーズvsサンウルブズの戦いから一夜明け、15日はクライストチャーチを動き回りました。

    まず向かったのは、クライストチャーチの東側、リトルトンという町です。

    ここは港町。

    以前、アンガスが初めて釜石に来たときに「カマイシはクライストチャーチのリトルトンっていう港町と景色が似ているんだ」と言っていました。

    この感じ。

     

    実はここは、2011年のクライストチャーチ大地震の震源地なのです。

    震源がもう少し東にずれていたら、津波が襲ったかもしれない。

     

    港町なので、世界から船乗りがやってきます。まあ、こんな店も。

    サタデーマーケットが賑わっています。観光客よりも、地元クライストチャーチの人が安く良いものを買いに来るところだそうです。

     

    入江の奥に、子供が遊べるビーチがありました。ちょっとした遊具と、ピクニックテーブルと、シャワーとトイレ。シンプルだけど、子供と遊ぶには十分な設備です。小野選手も子供のころ、ここで遊んだのでしょうね。

    そこから山越えのドライブルートへ。

    イースターホリデーの4連休、前日が昼まで大雨だったせいか、サイクリストが大勢走っていました。

    カンタベリー平原が見渡せるビューポイント。

    そして市内へ。

    ここまでクライストチャーチを案内してくださったのは小野英志朗さん。小野晃征選手のお父さんです。

    名古屋出身で、新婚旅行で訪れたNZが気に入り、27年前にクライストチャーチに移住。整体師としてたくさんのスポーツ選手、いろいろな業界のVIPの身体も整える凄腕です。小野晃征選手が在籍していた当時のクライストチャーチ・ボーイズハイスクールやニューブライトンクラブでもトレーナーを担当。NZは芝が深く柔らかいので、事前にグラウンド状態をリサーチ。メイン側とバック側で芝の重さに差があれば、右と左のスパイク、足首のテーピングを巻く強さを変えて捻挫を防ぐ、そのためにハーフタイムにも巻き替える。筋肉や腱、関節 の状態をチェックして、たとえば

    「この状態なら後半10分まで」と判定し、コーチに交代のタイミングを進言。こうして、シーズンを通じてケガ人が出ないようにする手腕で、コーチからも選手からも絶大な信頼を得ていたそうです。

    僕は、2007年に晃征選手がJKことカーワンHCに発見され、メディカル&フィットネスチェックのため19歳で初めて来日したとき、付き添いで来ていた小野さんにあいさつして話をうかがいました。

    その後、2012年にスクラム釜石&RUGBYJAPAN365が初めて「東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティイベント」を開き、収益から東日本大震災とクライストチャーチ大地震の被災地のラグビーチームにボールとメッセージフォトを贈呈した際、NZでプレゼンターを務めてくださったのが、2011年のクライストチャーチ取材時に案内してくださった武井さんと、この小野さんだったのです。

    そのときの御礼をと思ってご連絡したところ、御礼どころか、到着からずっと、すっかりお世話になってしまいました。

    30年近くクライストチャーチに暮らし、この地を見つめてきた方ならではの知識、見識に、本当に多くのことを教えていただきました。

    小野さん、何から何まで本当にありがとうございました!

     

    小野さんは、クライストチャーチで空手のコーチ、国際審判員もされていて、この日からクライストチャーチで開催される国際大会の審判団の指導もするため、ここでお別れ。そのあと、晝間(ひるま)尚子さん裕二さんの夫婦と合流してランチ。

    アートセンターの建物にできた新しいカフェでランチ。いかにもNZっぽい、質素で、でもボリュームがあって、おいしい!

     

    尚子さんはクライストチャーチのラジオ局で働くDJで、2011年のクライストチャーチ取材のときにいろいろ震災当時の話を聞かせていただきました。その後、ご主人の裕二さんとともに、日本からの留学生受けいれ・アテンドのビジネスを始めています。来週に引っ越しを控えている忙しい中で時間を割いていただき、ランチをご一緒。

    「いままでは便利なところ優先で住むところを決めたけれど、子育ての環境、教育の環境がいいところに引っ越すことにしました」

    ベイビーは去年生まれたばかりでただいま9ヵ月。異国で、親戚もいない中の子育ては大変でしょうが、「こちらの子育て仲間と情報交換しながら何とかやっています」とのこと。幸せな気持ちになりました。

     

    それからおふたりと別れて、クライストチャーチの市内を歩きました。

    街中に自転車たてはいっぱいあり、さらに空気入れ&各種工具が常備されたメンテナンススタンドもあちらこちらに。クライストチャーチは自転車に優しい町です。

     

    こちらはリ・スタート モール。震災のあと、クライストチャーチの中心部で初めて作られた、コンテナを使った仮設商店街です。

    コンテナと言っても色や模様に工夫があって、ポップな雰囲気です。いまは町もだいぶ活気が戻ってきたけれど、震災後、初めて作られたころは、このポップな雰囲気がどれだけクライストチャーチの人たちの心を明るくしてくれたか、想像すると嬉しいような、切ないような…というのも、もうすぐこのコンテナ商店街は撤去されることになっていると聞いたのです。気仙沼でも、震災のあと人々の心に灯をともしてきた復興屋台村が3月で閉村しました。なんか、ダブってきてしまいました。

    こちらは「カードボード・カテドラル」紙で作られた大聖堂です。塔が崩れ、立ち入り禁止となったクライストチャーチ大聖堂にかわって、礼拝堂として作られました。

    そしてこちらが「185chairs」

    震災で亡くなられた185人分の、白く塗られた椅子が並んでいます。

    案内板の裏側には、亡くなった185人の方々の名前と年齢、出身地が。

    日本の19歳、20歳といった若い方の名前がたくさん並んでいます。中国からの留学生もたくさんいた。中には4歳の子供の名前も。目が熱くなります。

     

    そこから、旧amiスタジアムのスタンドが見えたので、そのまま歩いて行ってみました。思ったより距離があったけど、青空をバックに、聳え立つスタンドを、もう一度目に焼き付けました。次にクライストチャーチにくるときは、どうなっているのかなあ。

    スタジアムの前は中古車展示場になっていました。

     

    いまだ通行止めの道も、地震以来そのままという建物もありました。

     

    それから町に戻り、今夜の宿へ。2011年のときに話を聞かせていただいた松崎さんのペンション「MINNA HOUSE」に泊めていただきました。

    松崎さんは現在、クライストチャーチ日本人会の会長をされていて、前日のサンウルブズの試合にも応援に駆けつけてくださいました。

    とても博学な方で、前回の取材時には本当にたくさんのことを教えていただき、その後の取材にもたくさん役立てることができました。

    ジャグジーつきのお風呂で、取材疲れ、というより歩き疲れた身体をリフレッシュ。

    その後は松崎さん手作りの美味しい夕食をいただきました。

    おつまみも最高! メインディッシュは…撮り忘れました(>_<)

     

    クライストチャーチ滞在4日間。

    サンウルブズの戦い、クルセーダーズの戦いはもちろんですが、震災から6年経ったクライストチャーチの姿、前回の取材から5年半が経ったクライストチャーチの姿を見ることができて、幸せというか、良い時間でした。

    クライストチャーチの人たちも頑張っている。

    置かれている現実には、東北と似ていることも違うところもあるし、まだ解決していないこともたくさんあるけれど、それぞれの現実の中で、懸命に生きている。

    知ることが具体的な復興の力にどうつながるというわけではないけれど、それを知ることで、こっちも頑張ろう、という気持ちが湧いてくる気がする。

    東北&クライストチャーチ復興祈念チャリティーイベントは、来年以降も続けていきたいな。改めて、そのモチベーションになりました。

     

    クライストチャーチの4日間、とても貴重な経験でした。

    小野さん、武井さん、晝間さん、松崎さん、本当にありがとうございました。

     

    クライストチャーチには、きっとまた来ます。

    来年からのフォーマットだと、次にサンウルブズが来るのは2-3年後かな。それとは別に、もしかしたら、オールブラックスと日本が、ワールドカップ以外でも対戦するなんて機会があるかも。

    ラグビーと関係ない旅行で来るのもいいな。NZで行ってみたい町や場所は他にもいっぱいあるし。自転車で走りたいし!

    僕もそれなりに世界のあちこちを訪ねてきたけれど、これだけ居心地の良い町はなかなかありませんからね……。

     

    その日には、クライストチャーチはどんな復興を遂げているでしょうか。

    僕からも「東北もこんなふうに復興したんですよ」と話せることがいっぱいあるといいな。

    その日が楽しみです。

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【クルセーダーズvsサンウルブズ】

    14日は、サンウルブズ初のNZでの試合、クルセーダーズ戦でした。

    試合前のスタジアムを盛り上げる、クライストチャーチ名物の騎馬隊です。

    こちらはチア隊

    こちらはクライストチャーチの和太鼓パフォーマンス隊

    サンウルブズを応援するkiwiも目立ちました!

     

    しかし試合では…目立ったのはクルセーダーズの強さばかり。スクラムでもラインアウトでもサンウルブズのボールを奪い、サンウルブズのキックは冷静に処理。隙があればカウンターへ、隙がなければ落ち着いて蹴り返す。サンウルブズは、相手が予測しない状況を作るのが得意というか狙いのチームですが、クルセーダーズはホント、80分を通じて全くと言って良いほど慌てなかった。成熟したチームだなと思いました。

    最終スコアは50-3、ワンサイドと言えばこれ以上ないワンサイド。今季ここまで全試合で複数のトライをとってきたサンウルブズが今季初めてのノートライ負けでした。

    大敗という意味では開幕戦のハリケーンズ戦は70点を奪われる大敗でした。ハリケーンズは、目の覚めるようなロングパス、かっこいいオフロードパスをつないでスリリングなトライを量産しましたが、クルセーダーズのトライはどれも理にかなった、武骨なトライという印象を持ちました。

     

    ラグビー王国の懐の深さを、改めて感じました。

     

    試合の様子は、トーチュウ&RUGBYJapan365にレポートしました!

    試合後のサンウルブズに激励のハカを送る子どもたち

     

    【スタジアムは…】

    試合の行われたamiスタジアムは、2011年の大地震で使用不能になった旧amiスタジアムの代替施設として、ラグビーリーグが使用していたスタジアムを改修したものです。旧amiスタジアムの収容50000人に対してこちらは17000人。それも半分以上は仮設席です。

    ロッカールーム、メディアルームもプレハブ。スタンド下のトイレも仮設。

    スコアボードの大型スクリーンは、コンテナハウスの上に据え付けられていました。

     

    ちょっと寂しい気もしないではありませんが、でも、この施設でも立派に試合ができるんです。

    何か、勇気をもらった気がします。

    スーパーラグビー優勝最多の7回を誇るクルセーダーズですが、優勝は2008年が最後。震災のあと、2012年にこのスタジアムに移ってからは優勝がありません。

    勝ってほしいな、という気持ちになりました。

     

    【クライストチャーチ探訪】

    この日は試合が夜7時半キックオフと遅かったので、昼間はクライストチャーチ市内を回りました。

    大聖堂は瓦礫を撤去して、近くまで行けるようになっていますが、崩壊の跡が生々しいです。

    旧amiスタジアムはメインゲート側のスタンドが解体されて、こちらも6年間手つかずの痛々しい姿をさらしていました。

    そして郊外の住宅地。一見、普通の住宅地にあるとてもキレイな公園のようですが、実はこの緑のところはすべて、6年前のあの日までは住宅が建ちならび、ひとびとの平穏な暮らしが続いていたところです。

    東北でもいろんなところで、同じような、更地になった元住宅地がたくさんあることが目の前でダブり、胸が熱くなりました。

     

    きょうは遅くなったので、詳しくは改めてレポートしようと思います。あすもクライストチャーチを見て回り、東日本大震災と同じ時期に震災に遭い、同じように復興に取り組んでいるクライストチャーチの姿を目に焼き付けようと思います。

     

    【15日の首都スポは桐蔭学園初の単独日本一!】

    もう一つお知らせです。

    15日の東京中日スポーツ首都スポは、先の全国高校選抜ラグビー(男子)で、初優勝を飾った桐蔭学園をクローズアップ!

    桐蔭学園といえば、松島幸太朗選手や竹中祥選手がトライの山を築いたイメージで、BK展開が看板だと思っている方が多いかもしれませんが、今季の桐蔭はFWです!

    決勝では勝負を決する2トライ、大会全体ではチーム最多の7トライをあげた脅威の決定力を誇るチーム最重量の104キロプロップ、細木康太郎選手を中心にお届けします!

    どうぞお楽しみに!

     

    JUGEMテーマ:ラグビー

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others