ツールドラグビートップへ

 

【英雄たち、三陸へ】

本日24日、午前10時から宮城県気仙沼市の気仙沼西高校で、ラグビーもと日本代表の大八木淳史さんを講師に招いて「勇気の風 スポーツ教室」と題したラグビー教室が行われます。

これは国際協力活動を続けているNPO団体「ピースウィンズジャパン」のこども支援事業として行われるもの。

参加は無料で、大人も参加可能です。どうぞご参加ください!

 

【大畑選手は宮古へ!】

同じ24日、岩手県宮古市では、やはり元日本代表の大畑大介選手を講師に招き、こちらもラグビークリニックが開かれます。

こちらでは、近鉄時代の野茂英雄投手と二人三脚でトレーニングプログラムを作った立花龍司コンディショニングコーチも一緒にコーチングクリニックを開いてくれます。

昨日のブログでお知らせしましたが、次の週末には、サントリーの選手とスタッフ、OBも加わり岩手県奥州市でラグビー教室を開催します。

全国のみなさんからの支援が、本当に身にしみます。

なんか、ラグビーの仲間全体が、被災地を応援してくれているんだな、と実感します。

 

そうです。先日お知らせした、気仙沼産のカツオですが、

「スクラム釜石」石山代表のご尽力で、日本海側の料亭、菅平高原の宿泊施設などから問い合わせをいただいております。お酒も、都内の飲食店よりご注文をいただきました。

ありがたいです!

ご協力いただいた方々のお名前を掲載できるタイミングが来たら、またご報告いたします

 

【ラグマヨ!】

今夜(23日土曜の深夜)2時05分から50分まで、ラグビー日本代表応援番組「ラグマヨ!」がオンエアされます

間に合う人は、視聴またはビデオ予約をどうぞ!

 

【ツール・ド・フランス】

オーストラリアのカデル・エバンス選手が、初めてのツール・ド・フランス制覇を確実にしました。彼のストーリーを書きだしたらきりがないですが…

2007、2008年は2年連続総合2位。表彰式では目が真っ赤でした。
詳しくは専門の方に解説していただくとして、感動しました。

同じ日、ラグビーのオーストラリア代表は39−20の大差で南ア代表を退けています。

カンケーない話のはずだけど、ラグビーワールドカップまで50日。何か、オーストラリアに流れが来ているように感じてしまうのは僕だけでしょうか?

 

日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  •  

    【サンゴリアス、岩手へ!】

    サントリーサンゴリアスから、7月29、30日に被災地の岩手県でラグビークリニックを行うと発表がありました。

    29日は高校生クリニック、参加チームは黒沢尻工高、黒沢尻北高、水沢高、釜石高、釜石商工高、

    30日は小中学生を対象にしたラグビースクール(RS)クリニック、参加チームは奥州RS、小佐野小学校、北上RS、紫波RS、さらに宮城県から、畠山健介選手の出身スクールである気仙沼市の鹿折RS、北上RSと合同練習中の横浜RSも参加。

    両日とも約200名の参加を見込んでいるそうです。


    (トップリーグ選抜を指導するエディさん。日頃はライバルチームの選手たちも心酔してました)

    指導に当たるのは、エディ・ジョーンズ監督、大久保直弥コーチ、澤木敬介コーチ、パトリック・パイロンコーチ、

    選手からピーター・ヒューワット、佐々木隆道、仙台市出身の真壁伸弥の各選手、

    チームスタッフから坂田正彰さん、浅田朗さん、田中澄憲さん、植田悠太さん、

    そして岩手出身のOB、北條純一さん(盛岡工出身)、川村拓也さん(黒沢尻工出身)も参加します。

     サントリーでは震災直後の3月に義捐金3億円とペットボトル100万本を提供したほか、清涼飲料とビール類の売り上げ1本につき1円を積み立て、約40億円を拠出。漁業復興のため、漁業者の漁船取得を顕現するため岩手県と宮城県に10億円ずつ、計20億円の支援を行うことも決めたそうです。

    今回の被災地は本当に広範囲に広がっていて、支援すべき項目もめちゃめちゃ多岐にわたっています。

    漁業者を支援してくれるというのはありがたいですねえ。

    ということは、僕が愛飲してるビール類やソフトドリンク類も、被災地支援に繋がってるんだな!

     

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • TOTAL RUGBY 釜石特集!】

    Jスポーツで本日(23日)初回放送の「TOTAL RUGBY #23」で、先日お知らせした、ピタ・アラティニ選手など釜石シーウェイブスの選手たちの震災後の奮闘ぶりが紹介されます。

    この番組は世界の168カ国に放送されます。


    (5月15日、関東学院大戦のアラティニ選手の勇姿!です)

    放送は22日(金)午前7時00分から「
    JSPORTS ESPN

    午前8時00分から「JSPORTS 2

    午後7時30分から「JSPORTS 1

    午後5時からは「JSPORTS 2」で、オールブラックス対フィジーのテストマッチも放送されます。

    日本が激戦の末に下したフィジーと、日本がワールドカップで戦う相手のオールブラックス、果たしてどんな展開になるのか?

    日本代表の実力をはかる意味でも大切な試合です。

     

    【ツール・ド・フランス クライマックス!】

    ここ数日、夜はJSPORTSのツール・ド・フランス中継にクギ付けです。

    自転車レースは、集団で走ってるのが完全に有利。だけど、それではいつまでたっても差をつけられない。勝負をかける人は、不利を承知で単独アタックにチャレンジします。

    それに乗る仲間がどれだけいるか、誰が乗ってくるか次第で展開は常に変わります。

    しかし、ツールの中継は凄い。いったいカメラを何台使っているんだろう?

    コース沿いの街、城、自然地形をしっかり紹介しながら、町々では人文字を作ったりしてツールというお祭りを迎えています。

    昨夜の第18ステージ(ピネローロ〜ガリビエ峠)では、ルクセンブルクのアンディ・シュレックが逃げ切り。

    きょう22日(金)の第19ステージは、いよいよアルプス最大の難所と言われる「ラルプ・デュエズ」とにかく急な坂がズーーッと続きます!

     

    きょう(金曜日)夜のツール・ド・フランス中継、ラルプ・デュエズは見逃せません!

     

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  •  

    【日本代表メンバー発表】

    25日からのイタリア遠征、8月21日に秩父宮で行われる壮行試合アメリカ戦に向けた日本代表メンバーが発表されました。

    メンバーは31人。

    ■FW…平島久照、川俣直樹、青木佑輔、堀江翔太、湯原祐希、畠山健介、藤田望、大野均、北川俊澄、トンプソンルーク、ジャスティン・アイブス、菊谷崇、マイケル・リーチ、バツベイシオネ、西原忠佑、ホラニ龍コリニアシ、谷口到

    ■BK…田中史朗、吉田朋生、日和佐篤、ジェームズ・アレジ、ショーン・ウェブ、マリー・ウィリアムス、今村雄太、ニコラスライアン、平浩二、アリシ・トゥプアイレイ、小野沢宏時、遠藤幸佑、宇薄岳央、有賀剛、

    (谷口選手は虫垂炎のためイタリア遠征を辞退。手術後の経過を見て、アメリカ戦に向けた合宿で合流の予定)

    PNCのスコッドからHO木津武士、FB立川剛士が離脱。HO湯原とCTBアリシが復帰しました。これがJKのイメージするワールドカップスコッドなのでしょうか?

    それともここからどんでん返しがあるのか?
    ちなみに前回ワールドカップでは、直前1カ月を切ってから3人の入れ替わりがありました…。
     

    【Number783号】

    本日(21日)発売です。

    特集タイトルは『非エリートの思考法』〜乱世を生き抜く力をつけろ!〜

    表紙は本田圭佑選手。


    僕が担当する各号連載「
    SCORE CARD ―RUGBY−」は、

    「復興のために集結した レジェンドたちの競演。」

    79日に太田で行われた三洋電機−新日鐵釜石のOB戦を取り上げています。

    今となっては懐かしい、木綿のジャージーでプレーする伝説の勇者たち。



    写真をよーく見ると、同じ「はまゆりエンブレムの炎のジャージー」でも、ボールを持つ松尾雄治さんと、サポートの和田透さん、小林一郎さんとはビミョーに違う?

    どうぞ、お手にとってお確かめください!

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【改めて、神戸フェスに感謝!】

    18日の神戸製鋼のラグビーフェスでは、たくさんの方々にお会いしました。

    やっぱり神戸の皆さんは自分たちが震災を経験しておられるからなのでしょう、

    東北の被災地への励ましの言葉をたくさんいただきました。

    釜石と気仙沼の名産を集めた物産展もご好評いただき、店じまいをしていると「え?売り切れちゃいましたか?」という声をたくさんいただきました。

    もっとも、生カツオ氷詰めの直送受付は、1尾まるまるとなると二の足を踏まれる方が多いようで、なかなかご注文いただけませんでした。

    ご贈答、バーベキューなどで新鮮なカツオをご所望の方、水揚げしたてのカツオを1尾、氷詰めで時価でお届けします(送料込み、概ね3000円前後になります)。ご希望の方はコメントください。

     

    【大畑大介さん、被災地へ!】

    被災地支援の動きは続々届いております。

    この週末、24日(日)には、日本ラグビーのスーパースターにして世界最多トライ記録保持者の大畑大介さんが、津波に襲われた岩手県宮古市を訪問。午前10時より、閉伊川河川敷グラウンド(宮古高校前)にてラグビー教室を開きます。


    (昨年12月、秩父宮で)

    このイベントでは、大畑さんと同じ「スポーツカンパニー」所属の立花龍司さんによるスポーツコンディショニングセミナーも開催されます。立花さんは、近鉄バファローズのトレーナーとして野茂英雄さんを担当した、日本におけるスポーツコンディショニングの先駆者です。

    さらに、整骨院の先生による無料マッサージ&治療も行われるそうです。

    ラグビースクールの子どもたちや高校ラグビー部の生徒たちだけでなく、一般の方も入場無料。雨天の場合は、宮古高校同窓会館で開催されます。

    コテコテ関西人のイメージが強い大畑さんですが、実はお母さんが青森県出身という、言ってみればハーフ東北人。岩手不惑クラブからの「来てくれませんか」という依頼に、二つ返事で引き受けてくれたそうです。

    義理人情に厚いキャラクターは、自著『不屈の“心体”〜なぜ闘い続けるのか〜』(文春新書)に詳しいです。

    大畑大介著 『不屈の心体』は↓こちらから)

    http://www.amazon.co.jp/%E4%B8%8D%E5%B1%88%E3%81%AE%E3%80%8C%E5%BF%83%E4%BD%93%E3%80%8D%E2%80%95%E3%81%AA%E3%81%9C%E9%97%98%E3%81%84%E7%B6%9A%E3%81%91%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%B0%E6%9B%B8-%E5%A4%A7%E7%95%91-%E5%A4%A7%E4%BB%8B/dp/4166607324

    宮古の皆さん、岩手の皆さん、三陸沿岸各地の皆さん!

    貴重な機会です。24日は宮古高校前、閉伊川グラウンドへどうぞ!

     

    【ヒーローズ 5周年記念イベント】

    元日本代表ロックの林敏之さんが主宰するNPO法人「ヒーローズ」設立5周年記念の震災復興トークイベントが8月6日(土)と7日()の2日間、大阪市北区中之島の「アートエリアB1」で開催されます。

    初日の6日は、13時30分から林さんと石山次郎さん、藤田剛さん、大八木淳史さんによる「スクラムを支えた男たち」

    17時から林さんの講演、

    18時15分からは林さんと元木由記雄さん、伊藤剛臣さん、大畑大介さんによる「日本代表キャップホルダーが語る桜の重み」

    7日は、14時から林さんの講演があり、

    15時15分からは「歴代ワールドカップキャプテン会議」と題し、林さん(1987年大会主将)と平尾誠二さん(1991年大会主将=ビデオ出演)、薫田真広さん(1995年大会主将)、アンドリュー・マコーミックさん(1999年大会主将)、箕内拓郎さん(2003年・2007年大会主将)が一堂に会します。

    これだけのビッグネームが顔を揃えて、すべて入場無料!

    18時からはヒーローズ5周年パーティーも開かれます!

    詳しい情報はこちらから。

    http://www.npo-heroes.com/index.php?option=com_content&task=view&id=66&Itemid=139

     

    【追悼・原田芳雄さん】

    俳優の原田芳雄さんが71歳で亡くなりました。

    僕の世代では最高にカッコイイ大人の男でした。

    テレビやネット記事では代表作に出ていませんでしたが、僕が真っ先に思い出すのは、大原麗子さんと共演したドラマ『たとえば愛』。

    主題歌『とまどいトワイライト』を歌う豊島たずみさんの切ないボーカルと、タバコをくゆらす原田さんのサングラス姿が蘇ります。

    調べたら、放送は1979年1月から。僕は16歳だったのか。原田さんは39歳だったのかな。

    近年は鉄ちゃんとして『タモリ倶楽部』に出ていた姿もお茶目で格好良かったな。
    ご冥福をお祈りします。

     

    【釜石ツアー!】

    スクラム釜石では、7月30日(土)に釜石・松倉グラウンドで行われる「釜石シーウェイブス対クボタスピアーズ」の応援ツアーを企画しました。(詳しくはこちら↓)

    http://www.facebook.com/notes/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A0%E9%87%9C%E7%9F%B3/%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%A0%E9%87%9C%E7%9F%B3%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85730%E9%87%9C%E7%9F%B3sw%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%83%84%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%81%AE%E3%81%94%E6%A1%88%E5%86%85/130082513746625

    JR東北線の北上駅−花巻空港−東北新幹線の新花巻駅で参加者の皆さんをピックアップ。

    そこから釜石・松倉へ向かい、釜石シーウェイブス対クボタスピアーズを観戦(昼食付き)

    試合後、交流会に参加して、北上駅まで戻ります。

    宿泊希望の方は、北上「草のホテル」をご用意。

    参加費は、バスツアーのみが3000円(昼食付き)

    バス+宿泊の方が9000円(昼食+1泊朝食つき)

    バスには「スクラム釜石」のメンバーがガイドとして参加する予定です。 

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 神戸フェス大盛況

    【神戸フェス大盛況!】

    18日は神戸へ。神戸製鋼のラグビーフェスに行ってきました。

    台風9号の接近で、時折激しい風雨が吹き付けましたが、イベントは概ね実施できました。

    大畑さんリードによる現役日本代表選手のトークでは、先日のフィジー戦、終了直前の今村雄太選手のトライの際、あのトライで優勝が決まることは誰も知らなかったことが判明!

    まあ、そんな細々したことを考えないことはラグビーらしいな、とホッとした気も。

     

    その後のメインイベント、松尾雄治さんと平尾誠二さんのトークイベント、もう爆笑の連続でした。

    どれが一番面白かったかな。

    1983年の伝説のウェールズ戦についてキャプテンだった松尾さんの暴露、

    「オレがメンバー決めたんだけど、決めて試合前日の練習をやったらラインアウトのスローイング出来るヤツがいなくてさ。Fにムリヤリやらせたけど、遠くへ投げられないから全部ショートラインアウトになったんだよ」

    面白すぎます。

     

    (トークの合間に携帯番号を教え合う2人。無敵です!)

    トークの中では、松尾さんが2019年ワールドカップの釜石招致を提案。

    「1試合でもいいから、釜石でやれたらいい。この津波の被害を受けた場所に、世界からお客さんが来てくれて、一体感を持ってくれたらいいですよね。ラグビーが夢を作れると思う」

     

    平尾さんも「釜石で試合をやるんだったら絶対見に行きたいですよ」

    自身も大学生の時、釜石で日本代表合宿があり、釜石へ行ったことがあるそうです。

     

    「今の中学生や高校生も、2019年は十分、日本代表にいけますよ」

    と、松尾さんも平尾さんも口を揃えていました!


     

          釜石と気仙沼の物産販売、おかげさまで完売いたしました。次の機会にも、皆様東北の物産をよろしくお願いいたします!

     

     

     

     

     

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【女子セブンズ強化練習!】

    17日は江東区の辰巳グラウンドへ。

    15日から行われていた女子セブンズアカデミーの最終日であり

    19日まで行われる女子7人制日本代表強化合宿の初日。

    17日は、両方の参加者が交錯して、合同練習。一度に両方の選手たちを見られるおいしい1日。アカデミー生とシニア代表候補のゲーム練習(タックルなし)もありました。

    昨年11月の広州アジア大会で腿に肉離れを起こし、香港セブンズや5月のセブンズフェスを欠場していた鈴木彩香選手も元気で登場。

    女子最年長のアンジーことアンジェラ・エルティング選手も元気いっぱい、大外を走りきるトライを決めていました。

    セブンズアカデミーが初めて行われたのは2009年の11月。7人制ラグビーの2016年オリンピック採用が決まった直後でした。

    そのときのナンバー「SCORE CARD」の記事が↓こちら。

    http://number.bunshun.jp/articles/-/10941

    中学1年生だった冨永美虹衣(みにい)ちゃんは今では中3。両足を揃えてボールを拾っていた少女は、走り込みながらパスを受け、味方が蹴ったボールをチェイスして相手と身体をぶつけあっても譲らないラグビーウーマンになっていました。




    実は昨年1年間、東福岡高のラグビー部で練習させてもらっていたのだそうです!

    「2年前、初めてやってみたとき、すぐにラグビーは好きになったけど、それからずっとラグビーをやってきて、どんどん好きになってます」

    2016年のオリンピックに向けて、頑張って!

     

    【近畿の方、今日は神戸製鋼灘浜グラウンドへ!】

    18日は神戸製鋼灘浜グラウンドで行われるコベルコラグビーフェスに行ってきます。

    釜石と気仙沼の物産販売。

    釜石(岩手)より、銘菓かもめの玉子、南部せんべい、羊羹などなど。

    気仙沼(宮城)より、のり、ふかひれスープ、

    さらに、生かつおと地酒の注文販売も受け付けます。

    ……と、販売の話ばかり連日書いてきましたが、メインはコベルコフェスです。

    関東在住の記者にとってはなかなか見に行く機会はなかったけれど、ラグマガやHPで読んでは「神戸製鋼の選手たちの運動会、演芸会、トークショーは楽しそうだなあ、一度行きたいなあ」と思っておりました。

    今回は、被災地支援のお話を頂き、さらに松尾雄治さん&平尾誠二さんというビッグなトークショーも実現します!

    いやあ、楽しんできます!


    ※拙著「釜石ラグビーの挑戦」(2007年・水曜社→このへんにバナーが出てるはず) も、残部僅少になっていますが、5部持参して販売します。2001年のクラブ化以後のシーウェイブスの歩みをつづったノンフィクションです。まだお読みでない方はぜひ!

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【あすは松尾×平尾トークショー】

    あすはいよいよ、神戸製鋼コベルコスティーラーズのチャリティラグビーフェス

    が行われます。収益の一部は、追って皆様に報告した上で、被災地への義捐金に活用させていただきますとのことです。


    そののトークイベントでは、松尾雄治さんvs平尾誠二さんのビッグイベントが実現します! 

    それに先立ち、きょう17日、午後10時?からのニュースワイド番組「Mr.サンデー」に松尾雄治さんが出演します。サービス精神が信じられないくらい豊富で、聞いてて嬉しくなる自由自在なトーク。

     被災地のため、被災地支援活動のために、あすはどんなパワー溢れる言葉を聞かせてもらえるか、楽しみです!


    (松尾さん、9日の三洋釜石OB戦でのキックオフです。赤いジャージーが似合います!)

    17日はその他にも、大畑大介さんもNHK「スポーツドミンゴ」出演などなど。

    テレビから目が離せませんね。なでしこ決勝もだけど。

    そういえば、なでしこの澤選手って、子供の頃はラグビーをやらせたかったけど、地元にやれる場所がなくて、サッカーを始めた…と聞いたような覚えがあります。
    ラグビー界に来てくれたら…
    というのは封印して、あすは応援しましょう!

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  • 【ツール・ド・フランス】

    いやあ、連日熱戦が続いています。

    昨日(14日)はツールの歴史でも最もドラマチックな戦いを演じてきた難所・ツールマレー峠。

    明日は、今回のツールでピレネー最大の難所プラトー・ド・ベイユ峠。

    しかし、ツールの中継って見入ってしまいますね。

    フランスの景色を見ると、4年前、2007年のワールドカップでフランスで過ごした時間を思い出します。

    フランスは自転車競技も盛んだし、自転車そのものも盛んです。

    街の中で、ステム(ハンドルの真ん中の部分です)にお姉ちゃんを座らせて、スイスイーっと走っていく、ホントに映画の中のような光景を見たときは、なんだかドキドキしちゃいました。僕がドキドキしてどうするんだ?

    (世の中にはそんな人生もあるんだなあ、と考えてしまったのでした……)

    自転車レースを見ていると、ラグビーと通じるところがいっぱいあるような気がしてしまいます。

    「ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン」って言葉が浮かんでくる場面って結構あります。

    自転車のステージレースでは、チームのエースを勝たせるために、チームメートがみんなでアシストします。

    出し切って出し切って、エースを助けて自分のエネルギーを使い切って、最後のスプリント勝負にかけるエースには最後までエネルギーを温存させて、自分はボロ雑巾のように脱落していく。

    ボールを出すために、ボールに触れもしないで密集に突っ込み、顔を殴られながらもボールを出して、味方のWTBがトライした後のロックの選手……みたいな姿が頭に浮かびます。

    そんな味方に支えられているからか。山岳ステージは、敵同士でも何だか一体感があります。それもラグビーに通じる気がするところかな。

     

    【釜石物産展in神戸】

    7月18日(月祝)神戸製鋼ラグビーフェスでの震災復興支援・東北物産展のご案内、きょうは釜石・岩手編です。

    「南部せんべい巖手屋」さんの「にこにこなんぶ」「りんご煎餅」

    岩手を代表する銘菓、岩谷堂さんの「岩谷堂羊羹」、

    大船渡市の「かもめの玉子」

    釜石原産の「おいしい天然水 仙人秘水」

    津波の被害を逃れた三陸名産「釜石まるまるさば缶」

    関西の皆さん、お買い物を通じて、被災地の支援をよろしくお願いします!

    【ツール・ド・フランス】

    いやあ、連日熱戦が続いています。

    昨日(14日)はツールの歴史でも最もドラマチックな戦いを演じてきた難所・ツールマレー峠。

    明日は、今回のツールでピレネー最大の難所プラトー・ド・ベイユ峠。

    しかし、ツールの中継って見入ってしまいますね。

    フランスの景色を見ると、4年前、2007年のワールドカップでフランスで過ごした時間を思い出します。

    フランスは自転車競技も盛んだし、自転車そのものも盛んです。

    街の中で、ステム(ハンドルの真ん中の部分です)にお姉ちゃんを座らせて、スイスイーっと走っていく、ホントに映画の中のような光景を見たときは、なんだかドキドキしちゃいました。僕がドキドキしてどうするんだ?

     

    自転車レースを見ていると、ラグビーと通じるところがいっぱいあるような気がしてしまいます。

    「ワン・フォア・オール オール・フォア・ワン」って言葉が浮かんでくる場面って結構あります。

    自転車のステージレースでは、チームのエースを勝たせるために、残りの選手がみんなでアシストします。

    出し切って出し切って、自分のエネルギーを使い切って、最後のスプリント勝負にかけるエースには最後までエネルギーを温存させて、自分はボロ雑巾のように脱落していく。

    ボールを出すために、ボールに触れもしないで密集に突っ込み、顔を殴られながらもボールを出して、味方のWTBがトライした後のロックの選手……みたいな姿が頭に浮かびます。

    山岳ステージは、敵同士でも何だか一体感があります。それもラグビーに通じる気がするところかな。

     

    【釜石物産展in神戸】

    7月18日(月祝)神戸製鋼ラグビーフェスでの震災復興支援・東北物産展のご案内、きょうは釜石・岩手編です。

    「南部せんべい巖手屋」さんの「にこにこなんぶ」「りんご煎餅」

    岩手を代表する銘菓、岩谷堂さんの「岩谷堂羊羹」、

    大船渡市の「かもめの玉子」

    釜石原産の「おいしい天然水 仙人秘水」

    津波の被害を逃れた三陸名産「釜石まるまるさば缶」

    関西の皆さん、お買い物を通じて、被災地の支援をよろしくお願いします!


    この名産は売ってません。釜石OBシンガー、長山さんノリノリで歌う図です。
    評判の「復興の狼煙」を歌にしました。
    次はどこで聞けるでしょうか……

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン

  •  

    【なでしこスゴい!】

    サッカー女子ワールドカップの日本代表「なでしこジャパン」の活躍、素晴らしいですね!

    どんどん引き込まれていきますね。

    次は決勝。相手はアメリカ。「日米決戦!」

    アメリカは女子サッカーでは世界最強といいますが、実は女子ラグビーでも世界トップを争う力を持っています。

    アメリカの女性は強いんだなあ。日本も女性の方が強いと言われて久しいケド。

    しかし、団体スポーツで決勝に勝ち進むって、ホントに凄いことですね。

     

    【神戸フェス続報】

    7月18日(月祝)に行われる神戸製鋼のラグビーフェスティバル、東北物産展の出品情報です。

    きょうは気仙沼編。

    海苔など海産物の老舗として江戸時代から続く「横田屋本店」より、海苔、海苔の佃煮、青海苔の佃煮、ふりかけ、高級フカヒレで知られる石渡商店のフカヒレスープが出品されます!

    このほか、気仙沼の地酒と、獲れたて生カツオの予約販売を受け付けます。

    気仙沼の老舗蔵元「男山」から、復興支援感謝「がんばっぺ気仙沼」特別ラベルの4合(720ml)瓶×2本組+東日本大震災「写真で伝える私たちの気仙沼」(オールカラー、16ページ、街の情報誌「浜らいん」編集室発行)が付録でつきます。値段は2800円+送料です。

    そして、生カツオの予約販売。こちらは水揚げのときどきで値段が変わりますが、送料込みで概ね3000円前後になるそうです。

    みなさまのお申し込みをお待ちしています。

     

    ↑このラベルのお酒に        ↑この冊子がつきます!

    【JスポがBSに!】

    10月から、JスポーツがBSで送波されるようになり、普通BSチューナーつきテレビで見られるようになるとのことです。たぶん便利になるんだと思います。

    僕はCSチューナーで見ていたけど、どうシフトしていくか?

    情報が入りましたらお知らせします。

     

    日本ラグビーの今が読めるラグビー専門ウェブマガジン


  • プロフィール

    20110608-otomo.jpg

    大友信彦
    (おおとものぶひこ)

    1962年
    宮城県気仙沼市生まれ


    早稲田大学第二文学部卒業。
    1985年からフリーランスのスポーツライターとして『Sports Graphic Number』で活動。
    '87年からは東京中日スポーツのラグビー記事も担当し、ラグビーマガジンなどにも執筆。

    ラグビー専門ウェブマガジンRugbyJapan365スーパーバイザー。

    『再起へのタックル』(洋泉社)
    『ザ・ワールドラグビー』(新潮社)
    『奇跡のラグビーマン 村田亙』(双葉社)
    『釜石ラグビーの挑戦』(水曜社)

    など著書多数。

    月別アーカイブ

    書籍紹介

    バックナンバー

    サイト内検索

    links

    others